水曜日, 11月 30, 2022

『U.F.O. TW』レビューまとめ

A10サイクロンSAを生んだメーカーが作った高級電動乳首責めチクニーマシン『U.F.O. TW』レビューまとめ

目次

前作から進化した点

  • 防水になって丸洗いできるようになった
  • 防水になって大量ローション使用時でもローション浸水故障する心配がなくなった
  • 舌アクセサリーが付属式から別売式になった(2種類は付属)
  • 完全独立型のワイヤレスになった(前作はネックバンド系イヤホンのようにコードで両方のカップが繋がっていた)
  • 完全独立型のカップになったので片乳チクニーもできるようになった(前作は両カップが繋がっていたので片乳などはやりにくかった)
  • クレイドル・クレードルという据え置きの専用スタンドが付属するようになった
  • ワイヤレス充電のように専用スタンドに置けば充電されるようになった(前作は本体にUSBを挿して充電していた)
  • 温め機能が搭載されてカップ内だけでなく舌アクセサリー部分も温まるようになった(前作は温感機能自体が無かった)
  • 温め機能が搭載されたおかげでオモチャに舐められる体験ではなく人に舐められる体験に昇華した
  • 防水仕様のおかげでローションを塗ったまま温められるようになった
  • モーターの馬力が強くなって舌アクセサリーが大型に進化した
  • モーターの馬力が強くなったことでグイグイ舌圧が強い乳首舐めも体験できるようになった
  • 舌アクセサリーが大型化したことで乳首だけでなく乳輪と乳房も刺激されるようになった(前作は乳首だけピンポイントに刺激がいっていた)
  • 舌アクセサリーが今後毎年発売されるようになる(前作は付属のものだけだった)
  • コントローラーがスマホになった(前作はせんべいみたいな簡易のコントローラーが本体にコードでブラブラ繋がっていた)
  • ワイヤレスかつクレードル式据え置き型になってダントツでオシャレになった(前作は飾るにしてもゴチャゴチャコードが邪魔だった)
  • フル充電時間が30分短縮された(前作SAは3時間だったがTWは2時間30分になった)
  • 連続稼働時間が短くなってしまった(前作は2時間も連続使用できていたのに新作は1時間しかもたない)
  • 舌アクセサリーがシリコン素材になってさらに柔らかくなった(前作はスマホケースみたいなゴムで少し硬かった)
  • AC電源式になって邪魔になった(前作はUSB充電式だったのでAC電源を持ち運ぶ必要はなかった)
  • カップ素材がやや硬質のシリコンになったおかげでUFOシリーズ中一番装着性が良くなった
  • 装着固定力が高まったので超貧乳でも男の胸板でも固定用ブラなどを買わずに済むようになった

今後に期待する点

  • 専用のBluetoothコントローラーが発売されてスマホではなくそれで操作できる未来(アプリがiPhone未対応なため。またアプリのインストールや連携までが億劫なため。アプリとスマホのセッティングをしないとラブホや風俗などでスムーズに使えないため。)
  • マグネット式のワイヤレスモバイルバッテリーで外出先でも充電できる未来(クレイドルがないと充電できないため。)
  • ワイヤレスモバイルバッテリーで充電しながら1時間以上連続稼働できる未来
  • 温感機能がカップ本体に内蔵された未来
  • クレイドルが無くてもマグネットワイヤレス充電できる未来
  • 完全防水になって湯船に浸かったままでも壊れない未来
  • バッテリー持続時間が2時間以上もつ未来
  • フル充電に掛かる時間がもっと短縮された未来
  • 簡易操作部分でスピードも細かく変更できる未来
  • VORZEコントローラーアプリがiPhoneにも対応した未来

良い点

「肉体関係ではなく真面目な交際」ができる

さて、いま真面目に交際している彼女がいるとする。結婚して、子供を作って、幸せな家庭を作るという交際だ。このときにアダルトグッズ系を使うと途端に壊れてしまう。

しかし、上品でオシャレなグッズなら例外である。U.F.O.TWならば、真面目な交際という路線を壊すことなく関係を続けられる。何よりもTWには他のアダルトグッズと違ってアダルトグッズの見た目がない。

そして真面目な交際と言ってもつまらない粛々としたセックスをするのは昭和でしかない。ならばアダルト業界の力を借りるしかない。しかし、ドロドロした感じのところには足を踏み入れたくない。

そんなときに、U.F.O.TWがまさに最適としか言いようがない。見た目が完全に美顔器コーナーにあるようなレディース家電。そんな見た目なのに正体は、エッチの天才。

彼女の右乳と左乳を二人の人間に同時に舐められながら、あなたは彼女のクリトリスをいじりながらその濡れ濡れのオマンコにギンギンペニスをぶちこんで、そして彼女のヒクヒクしたアナルに『指サック』したあなたの指を出し入れしていく。

彼女はその五点同時責め快感に酔い知れる。彼女の瞳には「子供ができてもセックスレスにならない幸せな未来」が描かれていく。離婚や別居するのはたぶん、セックスがつまらないからだろう。しかし彼女のほうから「刺激的なセックスがしたい」なんて言ったらぶち壊れかねない。あなたの出番である。

「全然故障しないので」長年使用出来る

電動チクニーマシンの故障の原因は2つある。断線故障と浸水故障だ。U.F.O.TWはこの2つに完全に対策して作られている。

U.F.O.TWが前作と違って完全独立型ワイヤレスになったおかげで、前作U.F.O.SAでたびたび報告されていた断線故障とは無縁の無敵さになった。そもそも故障の原因であるコードが本体から無くなってくれている。

さらに、U.F.O.TWはこれまた前作U.F.O.SAの故障の原因であったローション浸水故障と後始末時の洗浄での水道水浸水故障とも無縁になった。丸洗いできるレベルの防水設計になっている。おまけに風呂で使える。

さらに、U.F.O.TWのメーカーが作る製品は衝撃に強い。コードの断線には弱いが、ワイヤレスになったらもう彼らのもの。本体を硬い床に落としても壊れたりしない無骨で堅実なモノづくりを彼らはしてくれている。

例えば、同じメーカーが作っている『A10サイクロンSA』も『A10ピストンSA』も高いテーブルから硬い床に何度も落としたことがあるが壊れなかった。落としても落としたことを忘れているかのごとく正常に動き続けてくれる。

「彼女を呼べるオシャレな部屋」にできる

オシャレはオシャレでも独身貴族的なオシャレさになってしまうと彼女を呼べない。

二人がけのベッドがあったり二人がけのソファーがあったり、とにかく二人で使える物があるとオシャレさに拍車が掛かる。もちろん、モダンな見た目も必須だ。

そこで、U.F.O.TWはまさにそんな条件にぴったりになる。U.F.O.TWは自分ひとりでも使えるが、彼女とのいざとのエッチで一発で彼女を夜の営みで射止めるレベルで大活躍してくれる。

彼女は片乳ずつ二人の人間に同時に舐められる体験に驚く。そしてクリトリスをいじられながら、オマンコにあなたのペニスが入っていって、さらにアナルもいじられて、合計五点同時責めにもう彼女はあなたしか考えられなくなる。

そして見た目が何よりもオシャレだ。フェミニンなオシャレさがある。アダルトグッズに見えない。アダルトグッズだと認識するための要素が外見に微塵もない。つまり、U.F.O.TWを買えば彼女を呼べるオシャレな部屋かつ彼女を気持ち良くさせられる部屋にできるのである。

「最高すぎて」他の電動チクニーグッズを買わなくなる

U.F.O.TWは前作や他の電動チクニーマシンと違って、乳首だけでなく乳輪そしてその周辺の乳房も同時に舐められる体験ができる。つまり、人に劣らない体験ができる。

今までの電動チクニーマシンはモーターが貧相でピンポイントに乳首にしか刺激がいっていなかった。ピンポイントに乳首部分しか擦ることができなかった。乳輪も同時にこすると馬力不足で動作が止まってしまうのだ。

しかし、U.F.O.TWは前作U.F.O.SAから2.2倍馬力が増したので「ピンポイントに乳首にしか刺激がない現実」からやっと脱することができている。

乳首舐めというのは普通、乳輪も舐める。今まで言葉のあやみたいに苦しくもピンポイントに乳首にしか刺激がなくても乳首責めとして表現していた。しかし、それも終わりだ。U.F.O.TWは本気で乳首責めになっている。

おまけにクレイドル式で据え置き型になったおかげでスナック感覚でチクニーできるようになり、さらに温感機能があり、さらに防水であり、はたまた舌アクセサリが今後新たに発売され続ける。もう他のチクニーグッズは買わなくなってしまう。

「押入れ行きになることなく」現役であり続ける

U.F.O.TWは押入れ行きにならない。据え置き型でスナック感覚で手に取って使用できるので電気ケトルのように常駐させることになる。

さらにフェミニンで美顔器コーナーにありそうなレディース家電にしか見えないので部屋をモダンなオシャレさにできるインテリアとして役立ってくれる。彼女も呼べる。

さらに何よりも気持ち良い。圧倒的に気持ち良い。電動チクニーグッズ業界の王様の気持ち良さだ。これ以上の気持ち良さはないと言って過言ではない。エッチで彼女にも使える。

さらに、舌パーツ部分は今後毎年新しい感触のものが発売され続けることになる。つまり飽きない。

「グッズなのに人に舐めてもらう体験」ができる

U.F.O.TWの魅力はなんと言ってもグッズで乳首をいじる体験ではなく人に乳首を舐められる体験である。

グッズでいじっているのは理性で分かっていても目をつむった瞬間にフッと人に舐められている体験にすり替わっていく。それがたまらない。これがU.F.O.TWの魅力である。

他のチクニーグッズや他の電動チクニーマシンではなかなか到達できない次元にU.F.O.TWはある。

さらに完全独立型ワイヤレスになったおかげで、使用中にコードが体に触れたり体に絡まったりしないのでグッズでチクニーしているという現実を再確認させられて快感を阻害されたりしないので人に舐められている体験に没頭できる。

グッズでひとり寂しくチクニーにふけるか、それとも二人の人間に片乳ずつ同時に舐められる体験に溺れるか、後者を体験できるのはU.F.O.TWである。

「安全かつ清潔にアナニー」できる

「アナル舐めされたい」というときにおすすめなのはU.F.Oシリーズである。そしてアナニーとして最適なのはU.F.O.TWである。

U.F.O.TWは丸洗いできる防水設計なので、アナニーに使用した際にアナル周辺が触れたそのカップ内部を洗剤と消毒液で隅々まで洗浄できる。前作は防水設計ではないのでこれができない。

そしてU.F.O.TWは前作と違って舌アクセサリ部分が別売式になっているので、洗っても洗っても臭くなってしまった舌アクセサリ部分はまた新たに1000円ぐらいで新品が手に入って清潔にアナニーできる。前作は付属のものしかない。

さらにU.F.O.TWは完全独立型ワイヤレスなので、アナル用として片方のカップだけ起動できる。前作はカップ同士がコードで繋がっていてアナル使用の際にもう片方のカップが邪魔だった。そしてコード式なのでアナニー中に体にコードが絡まったりして邪魔だった。U.F.O.TWはそれらが改善されている。

「圧倒的なオシャレさので」彼女に見られても平気

彼女ができたとき、はたまたこれから彼女を作ろうというときに、彼女に見せられないものは徹底的に処分していくことになる。

しかし、U.F.O.TWは違う。U.F.O.TWは外見が美顔器コーナーにおいてありそうなフェミニンなオシャレさの家電になっている。性玩具には見えない。嫌われない。

さらに、ベッドに常駐させておけば彼女とエッチするときに使用できる。左乳、右乳、クリトリス、ヴァギナ、アナル、その五点同時責めの圧倒的快楽に彼女を誘い込める。

「風俗嬢に喜ばれる差し入れ」になる

風俗嬢にとって食べ物はそんなに嬉しくない。太るからだ。最も嬉しがられるのは「アマゾンギフト券」。そして、もう1つある。「商売道具に使える物」である。特にU.F.O.TWがおすすめと言える。

なぜなら、自分になんらメリットのないアマゾンギフト券と違ってU.F.O.TWならばその場で自分も使える。U.F.O.TWをその場で自身に使ってもらえば、片乳ずつ二人の風俗嬢に同時に舐められている体験ができ、左乳と右乳そしてペニスそしてアナルという四点同時責めの快楽を体験できる。

そして自分だけでなくその風俗嬢は商売道具として使って他の客にも使える。おまけにただの商売道具ではなく四点同時刺激という異常な快楽を客に提供できる神器。本体が4万円近くするので風俗嬢はなかなか手は出せず、あなたが贈るにふさわしい。そしてリピート客が増え、他の風俗嬢を出し抜き、あなたのそのお気に入りの風俗嬢は辞めてしまうことなく店のトップに登り詰め、現役であり続けてくれる。

そして商売道具だけでなくその風俗嬢が持ち帰ってプライベートで使うこともできる。U.F.O.TWはただの安物ではない。チクニーグッズ業界の王様である。そして見た目もフェミニンでオシャレ。美顔器コーナーのそれに見える。そして圧倒的に気持ち良い。おまけに万が一捨てる際も燃えないゴミに出すかフリマで高額売却できるので困らない。

「風俗嬢なら商売道具として使えて」より稼げる

風俗で「飽きられたくない」はたまた「リピート客を増やしたい」と思ったときに有力な商売道具がある。それがU.F.O.TWである。客に使用すればその客は他の風俗嬢では体験したことのない快楽を体験することになる。

客の胸に装着すると客はまるで二人の風俗嬢に片乳ずつ同時に舐められている体験になる。その状態でエッチするなり、手コキするなり、フェラチオするなりできる。この時点で三点同時刺激に客は感動する。さらにアナルに指を挿れると四点同時刺激になってさらに客は感動する。

U.F.O.TWは男性の胸でも装着できる。前作U.F.O.SAよりさらに装着性が向上したので男性の胸板でも『U.F.O.専用サポートブラ』など特に必要なく装着できる。

あなたが勤務している風俗店でU.F.O.TWを商売道具にしている風俗嬢は他にいないだろう。勤務している店で出し抜ける。もしくはそのエリアで出し抜ける。

U.F.O.TWを商売道具にすれば、今まで他の風俗嬢で体験したことのない同時責めの快楽を体験することができてやみつきになり、客はもうあなたのことしか考えられない。

「フリマで高額売却できるので」処分に不安にならず買える

U.F.O.TWを購入するときに何よりも不安なのが「約3万8000円も出して自分には合わなかったらどうしよう。泣き寝入りなのかな」という不安だ。

幸いなことにU.F.O.TWは美顔器コーナーにありそうな家電にしか見えないのでメルカリやヤフオクやジモティーなどのフリマでもアダルトグッズとして出品しなくても家電などで売却しやすい。

さらにU.F.O.TWは特殊で、新品価格の6000円ぐらい値引きした状態ですぐに買い手が付く。すなわち約38000円が新品価格なので32000円で売却できる。

なので万が一合わなくても世間一般の常識に反してほとんど購入金額が戻ってくる。計算すると金銭的ダメージは販売手数料や送料を考慮して一万円ぐらいになる。

ただ、万が一合わないということが起きないほどチクニーでもセックスでも使えてしかも圧倒的に気持ち良いので売却することは滅多に起こらないのだが。

「片方のみ起動できるので」気軽に片乳チクニーできる

前作U.F.O.SAはカップ同士がコードで繋がっていて気軽に片乳使用できなかった。ぶら下げながら使用するかもしくは両乳使用するかの二択だった。煩わしかった。

しかし、U.F.O.TWになって完全独立型ワイヤレスになったおかげで片乳のみでも使用できるようになっている。

クレイドルから取り出したその片方のカップだけを起動させることができる。必ずしも両方のカップを取り出す必要はない。

これにより横になって片乳に装着する隙間がなかったり気軽にスナック感覚で片乳に使用したりできる。そしてアナルに使用したりできる。

「完全ワイヤレスなので」快感を邪魔されず集中できる

U.F.O.TWは完全独立型ワイヤレスになったおかげで、使用中に腕に絡まったり体に絡まったりせず快感に集中できる。

もちろん彼女とのセックスでチクニーグッズを使う際もU.F.O.TWならばコードレスなのでゴチャゴチャ絡まったり突っ張ったりせず快適にセックスできる。

一番面倒なのは体位変更などでコードが絡まってカップがおっぱいから外れしまうことだ。その際に興醒めする。彼女のオマンコはその興醒めで乾き、そして自身のペニスも萎えていく。

そしてやはり、なによりもチクニー中にコードなどが体に触れていると「アダルトグッズでむなしくチクニーしている」という感覚をコードが体に触れるたびに再確認させられて萎える。

そのため、やはり完全独立型ワイヤレスでコードが一切ないU.F.O.TWのほうが乳首責めの快楽に集中できる。

グッズで刺激するという従来の感覚を見事に逸脱して「人に舐めてもらっているという感覚」に昇格して体験するにはワイヤレスであることが必須である。

コードタイプのチクニーグッズがこの次元に行くことは不可能だ。

「風呂で使っても浸水故障せず風呂セックス」できる

彼女と風呂セックスするときに普通にセックスしては飽きてしまう。そこでアダルトグッズだ。「おすすめなのは電動乳首責めマシンだ」と言いたいところだが難点がある。

「防水でない電動チクニーマシンが多くて風呂で使うと浸水故障してしまう」という難点である。残念ながら、前作U.F.O.SAも風呂で使うと壊れてしまう。

しかし、U.F.O.TWは丸洗いできるレベルの防水設計になって登場したので、その高温多湿の環境化で使用しても壊れることもなければ、シャワーを浴びながら使用しても壊れることもなければ、そして湯船で漬けない限り壊れることもない。

U.F.O.TWには彼女との風呂セックスで使えるというメリットがある。

「風呂で使っても浸水故障せず風呂チクニー」できる

U.F.O.TWは防水設計になっているので非防水の前作U.F.O.SAと違って風呂という高温多湿の環境化で使用しても壊れない。

はたまたシャワーを浴びながらチクニーに使っても浸水故障はおきない。

さらに湯船に浸かりながらチクニーしてもU.F.O.TWを浸けたままにしないかぎり壊れることはない。体勢を湯船の中で整えたりするときに一瞬浸かっても浸水故障は起きない。

U.F.O.TWには前作や他の電動チクニーマシンと違って、風呂でシャワーを浴びながらだったり湯船でまったりしながら使用できるというメリットがある。

「スマホがコントローラーになるので」オシャレに使える

アダルトグッズの代名詞はリモコンがあることだ。漫画家でもアダルトグッズを描くときに必ずリモコンを描く。すなわち、リモコンを描くからアダルトグッズだと思われるのだ。

U.F.O.TWのメーカーは考えた。「前作U.F.O.SAにあった専用コントローラーを廃止すればもっとアダルトグッズに見えないオシャレな存在に昇格するのでは?」と。

そして見事にU.F.O.TWから専用コントローラーが無くなり、専用アプリをインストールしたスマホがコントローラーになるスタイルに生まれ変わった。

そしてU.F.O.TWは同時にオシャレさを手にした。圧倒的なオシャレさを。アダルトグッズだと連想されない圧倒的なオシャレさを。

「王様を買うことになるので」節約できる

「まずは安物を買って、そして今度は中級を買って、そして今度は高級品を買ってそしてやっと王級にたどり着く。」これは世の常だ。

電動チクニーグッズでも同じ流れを踏むことになる。そしてその最後にたどり着く王級の電動チクニーグッズこそがU.F.O.TWである。

すなわち、いきなりその最後のU.F.O.TWを手にしてしまえば安物や中級など色々冒険せずに済む。初期費用が高いように感じても最終的に節約できる。

「美顔器系家電にしか見えないので」家族バレしない

U.F.O.TWの正体を知らない者にとってそれは「美顔器コーナーに陳列されていそうなレディース家電のなにか」にしか見えない。

U.F.O.TWを電動チクニーマシンだと分かる者はUFOシリーズを前作から知っている者であって、それはつまり家族バレしたということはその言い当ててきた家族が「実は普段からエロ本を見ている」もしくは「アダルトグッズを隠し持っている」というブーメランが起こる。

あなたのU.F.O.TWを言い当てて得意げになっているその家族は自分に大きなブーメランが刺さっていることに数分後に気づく。そしてお互いにエロいことがバレてお互いに気まずくなって先程の会話は無かったことにされる。

つまり、U.F.O.TWはアダルトグッズを知らない人にとってはレディース家電にしか見えない。つまり家族バレしない。そして万が一知っていても、もし言い当てようものなら自身にブーメランが刺さるので言うことはない。つまり、もし万が一実質的に家族バレしていてもそれは心の中でそっとされて現実に家族バレはしないメリットがある。

「静音かつ気持ち良い二刀流」の王様が手に入る

アダルトグッズ業界で「モーターのトルクが強くなりました」と言われると「あぁ…まさか…」という事情がある。つまり、モーターのトルクが強くなるということは動作がうるさくなるということを意味しているのだ。

しかし、U.F.O.TWはトルクが2.2倍強くなったのにも関わらず、なんと前作と同じ静音性になっているのである。

つまり、メーカーは静音性を維持したままトルクを上げるという偉業を成し遂げたのだ。

他の電動チクニーマシンでは馬力が強くなればなるほど動作音がうるさくなるジレンマに苛まれる中、U.F.O.TWのメーカーは見事に静かなままパワーに引き上げるという偉業を成し遂げた。王様にふさわしいとはこのことだ。

「至極のベッドタイム」に生まれ変わる

U.F.O.TWを買うことでベッドがただ寝る場所から極楽場所に生まれ変わる。

バタンキューして手を後ろに伸ばすとカップが手に。そのカップを自身の両胸に装着して動作開始。

目をつむっていると二人の女性に片乳ずつ同時に舐められている体験に陥る。

「今日もお疲れ様❤」そう言わんばかりに両乳同時に二人に愛撫されて至福の極楽に飲み込まれていく。

「彼女を独り占めして浮気防止対策」に使える

U.F.O.TWを使うことで彼女を独り占めできる。なぜなら異端レベルの快楽を彼女に与えられるからだ。

ちなみにU.F.O.TWは電動チクニーマシンの王座に君臨する。これ以上に気持ち良いのはない。王様だ。チクニー業界で体験できるトップクラスの気持ち良さと言って過言ではない。

そしてこれから彼女とセックスするというときにこのU.F.O.TWを彼女のおっぱいに装着する。彼女はこのとき「片乳ずつ二人の人間に同時に乳首を舐められている」という体験をする。

さらにここで終わらない。次に彼女のアナルにあなたの指が入っていく。

そしてメインディッシュのごとくあなたのガチガチのペニスが彼女のオマンコに入っていく。

おまけにクリトリスをいじられて彼女は今まで聞いたことのないようなメスの喘ぎ声を漏らしていく。

おさらいしよう。あなたの彼女は右乳と左乳とアナルとクリトリスとオマンコの5点同時に刺激される五重奏を体験することになる。

その異次元レベルの圧倒的快楽に彼女は堕ちる。彼女の瞳から浮気候補はすべて消え失せる。そしてもう彼女の瞳にはあなたしか映っていない。

「乳首だけでなく乳輪も乳房も同時に」刺激される

U.F.O.TWは電動チクニーマシンに革命をもたらした。それは「乳首責めと言ってもピンポイントに乳首にしか刺激がない」という「電動チクニーマシンのお決まり」を変えたからだ。

というのも乳首部分以外を擦るには動作停止したりしないために馬力の強い高性能なモーターが必要になる。他の電動チクニーマシンでは馬力不足でなかなかこれができなかった。残念ながらUFOも前作ではモーターの馬力はピンポイントに乳首を刺激するレベルまでしか対応できなかった。

しかし、U.F.O.TWになってモーターが強くなったので、乳首だけでなく乳輪もそしてその周辺の乳房まで同時にこすることができるようになっている。つまり、人に乳首舐めされるのと同じ体験ががやっとTWによってできるようになったのである。

「舌圧強めの痴女系乳首舐め」を体験できる

U.F.O.TWは従来のチクニーグッズと比べて馬力が強い。馬力が強いのでグイグイ押し付けてきても摩擦負けしてトルク不足で動作停止したりせず動作し続けてくれる。

前作U.F.O.SAよりも2.2倍馬力が強くなっている。これにより、前作では装着できなかった大きめの舌アクセサリを取り付けられるようになっている。そして巨大な舌アクセサリは今後新たに発売されていく。これは前作とは互換性はない。TWだけだ。

これにより、TWでは乳首や乳輪や乳房をアイスをエグり取るような舌使いで舐められる体験もできる。こんな強い舐められ方は前作にはできない。もちろん、他の電動チクニーグッズにもできない。U.F.O.TWそしてその未来の新作だけの独壇場である。

「冬にヒヤッとむなしくならずに」チクニーできる

冬に温感機能のあるU.F.O. TWを使用することでヒヤッと冷たくなくチクニーできる。

チクニーするときにヒヤッと冷たいと「これからグッズでひとりでチクニーするんだ」という虚しい感覚になってしまう。グッズという無機物が肌に触れるという事実に拍車が掛かってしまう。

しかし、温感機能があることでヒヤッとしない。ヒヤッとしないのでグッズであることを忘れられる。そして本当に人に舐められている体験にやっと昇華する。

自分でいじっていることは分かっていてもそれを忘れられて人に舐められている体験に昇華できるか、それとも自分でグッズを使って乳首をいじる体験でとどまってしまうのか、それは温感機能にがあるかないかで決まる。

「冬に彼女をヒヤッとさせずに」乳首責めセックスできる

U.F.O. TWには温感機能がある。舌パーツ部分だけでなくカップ内部もホッカイロのような温かさに温まってくれる。

冬に彼女とエッチする際も彼女のおっぱいに装着する時点からヒヤッと冷たくさせずに優しく温かく愛撫するように装着できる。そしてその優しく温かい舌が彼女の乳首を這いねぶる。

前作U.F.O. SAには温感機能がない。しかし、「そんなの体温ですぐ温まるでしょう」というのはエッチではご法度。ひとりよがりなエッチでしかない。童貞だと思われてしまう。嫌われてしまう。大切な彼女とのエッチならなおさら温感機能があるチクニーグッズ一択である。

「大量のローションでも浸水故障せず《 チクニー》」できる

大量のローションで電動チクニーグッズを使う時に注意点がある。防水でないとローション浸水で故障してしまうのだ。これに注意する必要がある。電動チクニーグッズを初めて使う人の通過儀礼とも言える。

残念ながら前作U.F.O. SAは防水ではないので、ローションがカップっと舌アクセサリとの間の隙間に入り込んで故障する率が高かった。UFOシリーズの故障の原因は浸水故障と断線故障がダントツで多い。

しかし、新作U.F.O. TWは防水になって誕生したのでローションを大量に使ったチクニーでも浸水故障が起きず安心して快楽に身を任せて没頭できる。

「大量のローションでも浸水故障せず《セックス》」できる

セックスのマンネリ回避で大量のローションを使って例えば『ソープランド用マット』などを用意して部屋か風呂なりでローションセックスするようになる。その際にやはり普通のセックスでは飽きる。

というのも大量のローションでセックスで1度すると後片付けが非常に面倒でお互いに興ざめしてしまう。風俗などマットがあらかじめセッティングされているのなら問題はない。そしてラブホでローションセックスするのも問題ない。しかし自宅などでは後始末が大変。

そこで、その面倒な後始末も別にいいと思えるほど1回1回のローションセックスを最高レベルの快感にすべくアダルトグッズを一緒に使うことになる。そこで電動チクニーマシンである。これを使えば彼女は「2人の人間に片乳ずつ同時に舐められている体験」ができる。

すなわちこの状態でセックスすれば「彼女の両チクビ舐め」しながら「『指サック』をはめたローションどろどろの指を彼女のアナルにズボズボ出し入れ」しながら「ローションでどろどろになった生おまんこにどろどろペニスをぶち込む」という「左乳・右乳・アナル・ヴァギナ」の四点同時責めセックスしながらのローションセックスという「異次元レベルの快楽に飛べるローションセックス」ができる。

ただし注意点がある。この際に他の電動乳首舐めマシンや前々作U.F.O.や前作U.F.O. SAは防水では無いので浸水故障してしまう。粘度のある液体で浸水故障が起きるなんて予想外かもしれない。しかし、電動アダルルトグッズ業界ではローション浸水故障が結構起こる。しかし、U.F.O. TWならばそういった対策もされているので浸水故障が起きずに何回も人外レベルの快楽に至らしめるローションセックスを彼女にご褒美できる。

「彼女の乳首にダメージを与えずに」セックスできる

大切な彼女とのセックスで電動チクニーグッズを使用する際に注意すべきことがある。それは摩擦で彼女の敏感な乳首をヒリヒリさせてしまうという問題だ。

これをしてしまうと「彼女を性的な道具として見なしている」と誤解されてしまう。嫌われてしまう。

そこで過度な摩擦防止のためにローションをたっぷり使うことになる。しかし、その際に普通の電動チクニーマシンでは防水ではないのでローションが隙間から入り込んで浸水故障してしまう。残念ながら前々作U.F.O.も前作U.F.O. SAもローション浸水故障が起きてしまう。

しかし、新作U.F.O. TWは丸洗いできる防水性能が搭載されたのでローションをたっぷり使用しても壊れない。とにかく彼女重視でローションを大量に使うことができる。

さらにU.F.O. TWの舌パーツは、前作U.F.O. SAの「スマホの透明ソフトケースみたいな素材」だったのが新作U.F.O. TWでは「人肌に優しいシリコン素材」に進化している。よって、より彼女の乳首をヒリヒリさせずに済む。大切な彼女に使う電動チクニーグッズはU.F.O. TW一択である。

「アナル舐めアナニー」ができる

U.F.O. TWはアナル舐めに使える。本来は乳首舐めとして使われるもの。しかし、U.F.O. TWはアナニーに使うことも想定して作られている。

前作と違って丸洗いできる防水レベルになったおかげで衛生面を維持するのが難しいアナニーグッズ事情もクリアしている。カップ内部にアナル周辺が触れることになるので洗剤と消毒液を使って隅々まで洗える。

そして前作と違って舌パーツが別売式になったので洗っても洗っても臭いが取れなくなったらまた1000円程度で新たに舌パーツを買ってサクッと交換出来る。

そして前作と違って完全独立型ワイヤレスになったおかげで片方のカップだけ起動してアナルに使用できる。前作はカップ同士がコードで繋がっていてアナニー使用したときに邪魔だった。それが改善されている。

そして前作と違ってモーターの馬力が強くなったおかげで、舌圧の強い動作でも摩擦負けして動作停止することなく動き続けてくれる。そのため、お尻の穴に舌先をグイグイ押し込んでくるドSなアナル舐め感触も味わえる。

「四点同時責めセックス」ができる

彼女の両乳にU.F.O. TWを装着し、クリトリスをいじりながらガチガチのペニスを濡れ濡れオマンコにズボズボ挿入し、そして同時にアナルにも指を挿入してズボズボヒクヒク刺激する。クリトリスを合わせた五点同時責めの快楽に彼女は恍惚の表情を浮かべて酔い知れる。

U.F.O. TWは「片乳ずつ2人の人間同時に舐められている」という体験ができる。この状態でペニスやオマンコを刺激し、そしてアナルに指を挿入したりして刺激すれば「左乳、右乳、ペニス、アナル」の四箇所同時刺激という異次元の刺激を味わえる。クリトリスも合わせれば5点だ。オナニーはもちろん、セックスで彼女に使えば彼女を四点同時刺激で異次元レベルの快楽に溺れさすことができる。

「人の温かい舌で舐められる体験」ができる

U.F.O. TWは温感機能がある。その温感機能のおかげで舌パーツが温まってくれる。

さらに舌パーツがシリコン素材になって人肌に優しくなったので乳首に触れる感触が生物的になってくれている。

生物的な感触の温かい舌が乳首と乳輪と乳房を舐め回してくれる。人の温かい舌で舐められている体験ができる。

「超貧乳でも外れず」装着し続けられる

「彼女のために電動チクニーマシンを購入した結果、彼女のおっぱいが貧乳なこともあってエッチ中に外れてしまって超絶シラケてしまって彼女を悲しませてしまって別れた….」という彼女に嫌われてしまう事態がU.F.O. TWでは起きなくなっている。

U.F.O. TWは前作U.F.O. SAから改良されて装着性と装着維持力が増している。そのおかげで彼女がたとえ超貧乳でもセックス中に外れたりしない。

もちろん、彼女に前作U.F.O. SAや前々作U.F.O.を使用して『UFO専用固定用ブラ』を付けてもらうという手もある。しかし、それは「胸が小さいからこのサポートブラを付けないと使用できない」という言いにくいことを暗に彼女に伝えてしまって少しマズイ。別れる原因になりかねない。

U.F.O. TWは前作にあったその裏事情を見事に改善してくれている。サポーターが無くても「たとえ超貧乳でも」装着し続けられるように進化している。

「男性の胸でも外れず」装着し続けられる

ガリガリの男性でもU.F.O. TWならばナイトブラやサポートブラが無くても装着できる。チクニー中に外れることなく装着し続けられる。

とにかくU.F.O. TWは装着性が増している。装着維持力が増している。特に男性の場合、前作U.F.O. SAや前々作は『U.F.O専用サポートブラ』が必須ではあった。しかし、U.F.O. TWになってそれが必ずしも必要ではなくなってくれている。

「至極のバスタイム」に生まれ変わる

U.F.O. TWは防水であるおかげで風呂で使える。髪を洗っている時に同時にU.F.O. TWを使えば乳首を舐められながらのシャンプーできる。リンスの待機時間もずっと乳首舐めされる。シャワーがU.F.O. TWに常時かかっていても壊れない。

さらに湯船に入ってまったりするときもU.F.O. TWを胸に装着して乳首舐めされながら湯船でまったりできる。U.F.O. TWは2人の人間に片乳ずつ同時に舐められる体験なので、あたかも「湯船に3人で入って2人に乳首舐めされている」というハーレムな状況を体験できる。

彼女と風呂セックスする際も彼女のおっぱいに装着すれば、彼女は2人の人間に同時に片乳ずつ舐められながら、あなたのガチガチ濡れ濡れのオチンチンがオマンコにズブズブ入ってきて、思わず風呂の中で耳心地の良い喘ぎ声を響かせていく。

なお、U.F.O. TWになって初めてやっと防水性能が搭載されている。前作U.F.O. SAには防水性はない。もちろん前々作U.F.O.にも防水性はない。風呂タイムが至極の時間に生まれ変わるのはU.F.O. TWだけだ。

U.F.O. TWによって退屈で寂しかったシャワータイムや湯船タイムが至極のバスタイムに生まれ変わる。

「ゲイの彼氏や夫」にも使える

U.F.O. TWは男性の胸板でも装着できる。装着した状態を維持できる。固定用サポートブラが無くても装着した状態を維持できるように改良されている。

さらに、前作から男性ユーザーも多かったことから新作U.F.O. TWでは男性ユーザー層も考慮して改良されている。そのため、U.F.O. TWは女性だけのグッズではなく男性も想定して作られているのでゲイの彼氏や夫にもバリバリ使える。

さらに、U.F.O. TWはアナル舐めにも使える。前作と違って丸洗いできる防水になったのでアナル付近に触れるカップ内部を洗剤と消毒液でジャバジャバ洗える。さらに、舌パーツ部分は別売式になったので洗っても洗っても臭いが取れなくなってしまってもまた1000円ぐらいで新しい舌パーツを購入して交換出来る。

「防水なので風呂で家族バレせず」使える

アダルトグッズを使う場所として最も家族バレしないのが「風呂」である。しかし、前作U.F.O. SAも前々作U.F.O.も防水ではないので風呂では使えない。風呂で使うと浸水故障で壊れてしまう。高温多湿という環境下でも壊れてしまう。

しかし、U.F.O. TWは丸洗いできる防水性なので風呂で使える。シャワーを浴びながら使える。湯船に入って風呂ブタで隠しながら使える。

さらに、静音性が前作U.F.O. SAと同じ静かさなので動作音が漏れて家族バレすることもない。

さらに、U.F.O. TWは「前作の静かな動作音のまま」馬力が2.2倍強くなった高性能モーターに進化しているおかげで、前作と違って乳首だけでなく乳輪も乳房も同時に擦られるので圧倒的に気持ち良くなっている。つまり、家族が見回りにくる前に即イキできるので家族バレしない。

「カップ全体も温まるので人が胸に顔を埋ずめてくる体験」ができる

U.F.O. TWには温感機能がある。そして温感機能は温感機能でも乳首に触れる部分だけでなく乳房に触れる部分も温まってくれる。

舌パーツ部分だけでなくカップ内部全体も温まってくれる。

これにより、自身の胸に人が顔を埋めてきてそして乳首を舐め始めてくるという人肌体験ができる。寂しさが癒されていく。孤独が癒されていく。

「高性能モーターのおかげで新感覚の乳首舐め」を体験できる

U.F.O. TWは前作U.F.O. SAからモーターが進化している。馬力が2.2倍強いモーターに進化している。

前作はピンポイントに乳首にしか刺激が無かった。乳首や乳輪を同時に擦るとトルク不足で動作が止まってしまう状態だった。

しかし、新作U.F.O. TWになって高性能なモーターが搭載され、馬力が増したおかげで乳首だけでなく乳輪もその周辺の乳房も、それら同時に三箇所も擦ることができるようになっている。

そのおかげで舌パーツが色んな形状のバリエーションでも摩擦負けして動作が止まったりすることなく動く。

さらに、U.F.O. TWの舌パーツは前作と違って別売り式になったおかげで今後メーカーが色んな感触の舌パーツを開発して発売し続けてくれる。新感覚の舌パーツを開発してくれる。

それでいてU.F.O. TWはグッズに舐められる体験ではなく人に舐められる体験ができる電動チクニーマシン。

そのため、U.F.O. TWは人では体験できない新感覚の乳首舐め体験ができる唯一の手段と言って過言ではない。

「乳首を吸われながら舐められる」体験ができる

U.F.O. TWは吸盤型になっている。いわゆる巨大な吸盤を胸に装着するイメージ。そしてU.F.O. SAよりもその吸着力が強くなっている。これにより、吸引機能が無くても事実上吸引されながら舐められる体験ができる。

「コントローラー撤廃のおかげで軽く感じられるので」身軽に使える

新作U.F.O. TWは前作U.F.O. SAと違ってコントローラー部分が撤廃されている。これによってブラブラしなくなったので引っ張られる感じが無くなったので軽く感じられるメリットがある。

前作U.F.O. SAはコードで専用コントローラーが繋がっていてブラブラしたりして常に引っ張られている感覚だった。サポーターで固定していてもやはりぶら下がっている感覚だった。コントローラー部分にバッテリーがあったので余計にブラブラして重かった。

しかし、新作U.F.O. TWではかつてぶら下がっていたコントローラーが簡易コントローラーになってカップ本体に内蔵されてバッテリーもカップに内蔵されたのでブラブラしなくなっている。身軽になっている。まるで犬が鎖首輪を断ち切って飼い主に常に引っ張られている状態から開放された自由になるイメージ。

そのため、有線イヤホンなどのようにとにかくブラブラ引っ張られる感覚が嫌いという人はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWが最適でおすすめである。

悪い点

「頻繁に隠したり収納したり」ができない

クレイドルがとにかくデカい。横幅が30センチ近くある。なので「使う時は出して使わない時はベッド下の奥底に隠す」というスタイルに合わない。

U.F.O. TWを収納する時はクレイドルもセットで収納することになる。カップ単体では使えない。充電も温めも全てクレイドルが無ければできない。U.F.O. TWとクレイドルは一心同体という感覚。

利便性において、理想はやはり「カップに温感機能が搭載」されていて、そして「充電は市販のワイヤレスモバイルバッテリー」という「隠すのはカップ部分だけ」というスタイルではある。

しかし、収納が面倒なほど据え置きスタイル一択になったことでオシャレさがいっそう増しているというメリットがU.F.O. TWにはある。

「ひとりで使うには値段が高くて」気軽に買いにくい

自分でただただチクニーのためだけに買う場合はやはり4万円近くするU.F.O. TWは高いと感じてしまう。なんなら前作『U.F.O. SA』で良いとさえ感じてしまう。

しかし、彼女に使うという際はU.F.O. TWこそがベストな値段だと言える。ケチな感じを出してしまって嫌われずに済む。

例えば、U.F.O. TWは前作と違って温感機能がある。これにより、彼女の胸をヒヤッとさせて嫌われる事態を回避できる。

さらに、前作と違って防水機能がある。これにより、風呂で彼女のオッパイに装着して乳首責めセックスができる。前作は防水ではないので風呂で使えない。

さらに、前作と違って乳首と乳輪と乳房の3箇所同時に擦られる。これにより、彼女に「前作とは明らかにレベルの違う圧倒的な快楽」を体験させることができる。

さらに、前作と違って完全独立型ワイヤレスになったおかげで外見から男目線の性的搾取的なイヤらしい見た目が無くなり、フェミニンでとてもオシャレなレデース家電のような見た目に進化していて彼女に怖がられることなく使用できる。

とにかくカップルで彼女に使う可能性がある場合はU.F.O. TW一択である。

U.F.O. TWには1人用では買いにくい値段であるという欠点があるものの、カップル用では高級感を感じるベストな値段だ。

「Androidしかスマホコントローラー化」できない

U.F.O. TWには専用コントローラーという物が無い。前作U.F.O. SAや前々作U.F.O.には専用コントローラーがあった。しかし、U.F.O. TWは簡易のコントローラーがカップ本体に内蔵された状態になっている。

そして従来の動作パターンとスピードを細かく変更出来ていたフルコントロールできる専用コントローラーはスマホに入れた専用アプリが再現するカタチになっている。

つまり、U.F.O. TW世代からはスマホが専用コントローラーになる。しかし、問題は専用のリモコンアプリ『VORZEコントローラー(Googleプレイ)※U.F.O.TWはVORZEというブランドの製品。つまりこれが純正アプリ』がAndroidにしか対応していないためiPhoneでは使用できないという難点だ。

今後iPhoneに専用アプリが対応してくれることに期待したい。

そしてゲオなどに行けば数千円で格安のAndroidが買えるので専用コントローラー代わりに買うのもオススメ。風呂で使いたい場合はもちろん防水Androidのほうがオススメである。

「充電しながらの連続使用」ができない

U.F.O. TWを充電しながらする際はクレイドルに置き戻さないといけない。

そしてカップ本体にUSB給電口も無いのでスマホのように充電しながら使用することはできない。

唯一の希望は、U.F.O. TWにワイヤレスモバイルバッテリーが使えるようになることである。

「再充電に時間が掛かって連続使用」ができない

U.F.O. TWのフル充電には2時間近く掛かってしまう。それでいてフル充電状態での連続稼働時間が1時間だ。

そのため、ワイヤレスイヤホンのように「バッテリーが切れたらバッテリーケースに戻して急速充電してすぐ使用再開する」といったことができない。

ただ、実際にチクニーするときは1時間ぐらいしか使用しないというのがオチなので再充電する機会はほぼ無い。

なぜなら1時間以上グッズで乳首を擦り続けると摩擦でヒリヒリしてしまうからだ。

「風呂に浸かりながらチクニー」ができない

U.F.O. TWはU.F.O.シリーズで初めて防水になっている。前作U.F.O. SAも前々作U.F.O.も防水ではない。ぶっちゃけ、アダルトグッズは少々水が掛かっても壊れやしないが。

U.F.O. TWは丸洗いできるレベルに防水に進化している。しかし、現代のスマホのように風呂に沈めても浸水故障しないレベルの防水にはまだなっていない。

そのため、湯船に浸かりながら使用するとたとえ防水だとしても浸水故障が起きてしまう。かつて「水道水でスマホを洗うのはOKでも湯船に落ちしたりしたら壊れる」という微妙なラインの防水世代があった時代を彷彿とさせる。

湯船に浸かる時や出るときなどに一瞬浸かってもなんら問題はない。しかし、ずっとU.F.O. TWがお湯に浸かったままだと壊れてしまう。

U.F.O. TWを湯船に浸かりながら使用する際は半身浴にするかもしくはカップにお湯が行かないレベルまでお湯を抜く手間がある。それが欠点だ。

「1時間以上チクニー」ができない

U.F.O. TWはフル充電しても1時間しかもたない。

しかもフル充電には2時間近く掛かる。

しかもカップ本体にUSB給電口が無いのでスマホのように充電しながら使用できない。

唯一、ワイヤレスモバイルバッテリーで充電できるようになることに期待するしかない。

しかし、1時間以上チクニーをグッズでするとき乳首がヒリヒリして摩耗した状態になってしまうので必然的に1時間以内に済ますようになる。

そのため、購入前に1時間しかバッテリーがもたないことは大きな欠点に感じてしまうが、実際のところ自身の乳首はもちろん彼女に使うにしても、その大切な彼女の乳首をヒリヒリ摩耗させるわけにはいかないのでやはり1時間で強制終了させられるのは都合が良いとも言える。

「ラブホなどへバッグに入れて気軽に持ち運び」ができない

U.F.O. TWはデカい。カップ本体は小さい。コンパクトだ。しかし、漏れなく付いてくるクレイドルというスタンドが横幅30センチ近くあって総合的にデカい。

まるで15インチのWindowsパソコンとそのカステラみたいにデカいAC電源アダプタを一緒にカバンに入れて持ち運ぶようなゲンナリ感がある。

「とても役立ってくれるからべつにこれくらいなら良い」と最初は思えるがそのかさばり加減に段々とウンザリしてきてしまう。

U.F.O. TWのクレイドルでは充電から温めから全てが行われる。これがないとU.F.O. TWが機能しない。まるでガンタンクからタンクを取り除いた状態になってしまう。

そのため、U.F.O. TWを持ち運ぶ際はクレイドルと一緒に持ち運ぶ必要があってかさばるので気軽に持ち運べないという欠点がある。

おすすめな人

「マッチングアプリですぐ彼女やセフレを作りたい人」

U.F.O. TWは出会うためのツールとして有効利用できる。「これ試したい人募集」とでもアプローチすれば必ずコンタクトしてくる女子は居る。というのもUFOシリーズは女性用雑誌でも度々掲載されていて意外にUFOという高級チクニーマシンの存在を知っている女子が少なからず居る。そしてなによりも乳首責めグッズの王様である。そして高額で買いにくい。それを買ったら彼氏できなさそうな不安を感じて買わない。通常は彼氏が勝手に買ってきて試させてくれるという流れが自然。つまり、出会い系におすすめのグッズとも言える。出会う口実でしかもウィン・ウィンの関係になれる口実が欲しい場合はU.F.O. TWが最適でおすすめである。

「断線故障に振り回されたくない人」

チクニーグッズの故障の原因はいつだって決まっている。「断線故障」だ。しかし、U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスになったおかげでその断線故障の原因であった「コード」が本体から完全に消えて完全にワイヤレスになっている。そのため、前作U.F.O. SAに常に付きまとっていた「慎重に扱わないといつか断線故障してしまう」という不安が一切無くなった。つまり、新作になって耐久性も高くなっている。

「ラブホ備え付けのようなチクニーグッズが欲しい」

U.F.O.TWはクレイドル(クレードル)式になっていて電気ケトルのように使い終わったらスタンドに戻すようなスタイルになっている。専用スタンドが電源に繋がっていてそのスタンドに置くと勝手に充電開始される。そして温感機能もそこで行われる。そしてとにかく圧倒的にオシャレだ。ラブホではなく普通のビジネスホテルに置いていてもカモフラージュできるほどの見た目になっている。とにかく美顔器コーナーに置いているようなフェミニスト系にオシャレな見た目になっている。とにかく盗まれる自信がないならラブホのオーナーはこれをすべての部屋に設置しておいたほうがいいだろう。それだけに自宅が簡易のラブホになる。

「チクニーグッズの王様が欲しい」

U.F.O.TWはチクニーグッズ業界の中で唯一アダルトグッズだと認知されない物体だと言える。圧倒的にオシャレだ。まるで美顔器コーナーに陳列されている家電のよう。これをチクニーグッズと認識できる者はU.F.O.シリーズの存在を知っているかアダルトグッズ業界を少し知っている者でしかない。つまり、見た目で王様を意味する。さらに温感機能がある。断線故障しやすい電熱線張り巡らしタイプではなく直接加熱タイプで堅実。王様にふさわしい。それでいてモーターは高性能でほとんどのチクニーグッズが乳首だけをピンポイントに刺激しかできないなか、U.F.O.TWは乳首だけでなく乳輪そして乳房をも舐めあげることができる。おまけに完全独立型ワイヤレスのおかげで気持ち良さを半減させる原因であるコードという昭和の遺物が存在しない。つまり王様にふさわしい。さらに動画連動機能もある。動画連動機能のあるチクニーグッズかつまともに動くチクニーグッズはU.F.O.TWとその未来の新作以外に存在しない。そして舌パーツは付属のものしか存在しないチクニーグッズがほとんどな中、TWは別売式で今後毎年新しい感触が発売され続ける。さらに防水設計なので丸洗いできる。つまり大量にローションを使っても浸水故障しない。これほど完成されたチクニーグッズは他に存在しない。もはやU.F.O.シリーズに挑めるチクニーグッズは今後未来に存在しないだろう。

「未知の気持ち良さを体験できるチクニーグッズが欲しい」

U.F.O.TWは前作SAと違ってモーターが進化している。静音性が維持されたまま2.2倍馬力が強くなっている。これにより、前作は馬力不足で乳首だけしかこすることができなかった。しかし、馬力が強くなったおかげで乳首だけでなく乳輪そしてその周辺の乳房までこすれるようになっている。広範囲にこすっても馬力不足になることなく動き続けてくれる。これにより前作の時点でチクニーグッズの王様だったのがさらに進化して誰にも追いつけない領域に新作U.F.O.TWはいる。そして温感機能もある。温感機能のおかげでグッズに舐められる体験ではなく生き物に舐められる体験ができる。しかも舌パーツは異種多様な物が今後発売されていく。つまり、未知の気持ち良さを体験できるチクニーグッズは新作U.F.O.TWとその未来のU.F.O.しか存在しない。

「温感は温感でもイタズラに温まらないチクニーグッズが欲しい」

U.F.O.TWはホッカイロのような温かさに温まる。人肌に温まる。イタズラに高温に温まる”ジョークグーズ”ではない。電熱線を張り巡らせたタイプではなく直接加熱タイプで舌パーツ部分だけでなくカップ内部も温まる。しかも予め舌パーツに塗布したローションも温まる。そして人肌に温まる。これによりグッズでむなしくチクニーする体験ではなく、人がおっぱいに顔を埋めてきて乳首を舐めてきてくれる体験ができる。その相手の顔の体温を感じる。舐めてくる舌から体温を感じる。

「衛生面を最高レベルに維持できるアナル舐めグッズが欲しい」

U.F.O.TWは前作U.F.O.SAと違って舌パーツが別売りスタイルになっている。もちろん2種類は付属している。しかし、前作と違う点は前作は舌パーツが付属のものしかなかった。そのため、アナニーに使用したら当然洗っても洗っても臭くなってしまうので1つ1つ犠牲になっていく。一方、U.F.O.TWは舌パーツが別売式なのでいくらでも買い足せる。しかも前作SAが非防水なのに対してTWは丸洗いできる防水性なのでしっかり丸洗いできる。隅々まで丸洗いできる。つまり、衛生面を最高レベルに維持できるのは新作TWのほうである。

「彼女に見せられるアダルトグッズが欲しい」

U.F.O.TWは圧倒的なオシャレさを誇る。それは美顔器コーナーに並んでいてもまったく気づかれないほどのカメレオン性。そしてTWを目にした物はそれをアダルトグッズだと認識する者は誰一人いない。家電だ。美顔器コーナーの家電にしか思われない。アダルトグッズだと言う者はTWをチクニーグッズだと知っている物でしかない。そして、これはシコシコするオナニーではなく彼女にも使える。彼女のおっぱいに装着してセックスすれば同時責めという他の男には決して与えられなかったであろう強烈な快楽を彼女に与えることができて独り占めできる。浮気防止にもなる。そしてバッグからゴソゴソと取り出すのではなくベッドに常駐させることができる。それゆえにオシャレだ。持ち運びしにくくなるデメリットを推し進めて常駐型にしたのは他のアダルトグッズが到達したことのない次元のオシャレさに到達するためだったとしか言いようがない。素晴らしい完成度だ。

「全然壊れないチクニーグッズが欲しい」

U.F.O.TWは『A10サイクロンSA』や『A10ピストンSA』のメーカーでもある。昔からあるそれらの時点で全く壊れない代物だった。それらを高いテーブルの上から硬い床に何度も落としてしまったことがあるのにその後数年経っても完動品として動き続けている。Windowsパソコンのごとく落としたのを機に次々とどこかが悪くなり始めるというメーカー特有のソニータイマーのようなイヤラシイ現象が起きない。そのため、このメーカーが作る物は壊れない。そして信頼できる。さらに、温感機能は断線故障しやすい電熱線張り巡らしタイプではなく直接加熱タイプが採用されているので断線故障の心配もない。おまけに丸洗いできる防水仕様なのでローションを大量に使っても壊れる心配もない。

「風俗勤務でリピート客を増やせる仕事道具が欲しい」

U.F.O.TWは風俗勤務での仕事道具に使える。濡れない客はもちろん長年による勤務で完全に誰にも濡れなくなってしまっているときでさえU.F.O.TWが手助けしてくれる。二回戦目が勃たない客の胸板に装着すればその客は勃つ。U.F.O.TWは細身の男性の胸板にも装着できる利便性がある。そしてもちろん自身が利用すれば純粋に濡れて喘ぐ姿を客に魅せられる。そしてプレイ中に使用すれば客の下手な腰使いのサポートとしてその乳首の同時責めというダブル責めによって簡単にイケる。意図的に締め付けるのではなく純粋にイッて純粋に締め付けることができる。演技ではないその喘ぎ声に客は感じて勃起しそして急速に射精に至る。客は演技ではなく相性がいいと感じてくれてリピートしてくれる。そしておまけに乳首をいじられなくなるので乳首を傷つける防止対策にもなる。乳首をやたら触ってくる客をも根絶できる。

「風俗嬢に喜ばれるプレゼントをあげたい」

U.F.O.TWは風俗で風俗嬢にプレゼントする商品として最適だ。まず自分がその場で使える。アマゾンギフト券など自分には直接的なメリットがない自己犠牲的なプレゼントとは違う。その場で開封がてら使ってもらえる。さらにチクニーグッズの王様なのでその風俗嬢が商売道具として使える。自分だけでなく他の客にも使えて相手にとって好都合だろう。さらにこれ以上のないチクニーグッズなので風俗嬢自身がそのまま持ち帰って自分で使えるレベルでもある。さらにフリマアプリで高額売却できてしかも出品カテゴリはアダルトグッズではなく家電として出品すればいいので現金化もできて相手にとって好都合だ。心配な場合はアマゾンギフト券と一緒にあげると確実に喜ばれる。本当はU.F.O.TW代の4万円分のアマゾンギフト券をあげるべきだがそれだと自己犠牲すぎて退店するときに風俗嬢に貢いだみたいな感じになってゲンナリすることだろう。それならば自分に使えたり、はたまた風俗嬢のおっぱいに装着してそのままプレイに及べば相手に同時責めの圧倒的快楽を与えながらのエッチができてしまう。出会い系で出会ったしょうもない素人に使うよりも演技できるエッチのプロに使って反応を楽しむほうが百倍ましだ。

「おっぱい全体も温めてくれるチクニーグッズが欲しい」

U.F.O.TWは温感機能がある。まず最初に舌パーツが温まる。温かい舌パーツが乳首だけでなく乳輪そしてその周辺の乳房に優しく触れる。そしてTWは舌パーツだけでなくカップ内全体も温まる。これにより乳房全体にも温かく優しく触れてくる。つまり、グッズでチクニーしている感覚ではなく人に顔を埋められて乳首を舐められる感覚になっている。

「取り回しがしやすいのが欲しい」

U.F.O.TWはクレイドル(クレードル)というスタンドとセットで据え置き型スタイルになっている。これにより「使用したら片付ける」という煩わしいことが無くなってくれている。使用し終わったらベッド脇に常駐させているそのスタンドに電気ケトルのごとく置き戻すだけ。スタンドが無い前作と違って非常に取り回しがしやすくなった。さらに、完全独立型ワイヤレスになったので煩わしいコードが一切無い。しかも、ウザったい専用コントローラーという物も一切ない。専用アプリによってスマホがコントローラーになってくれる。その代償として持ち運びする際はAC電源がやたらデカいノートパソコンを持ち運ぶようなウザさがもたらされたがしかし、常駐使用なら従来機にまさるチクニーグッズはU.F.O.TWもしくはその新作の他に存在などしない。

「処分するときにフリマ等で高額売却したい」

U.F.O.TWは本体が高額なので手数料負けが起こらない。そして小さいので送料負けも起こらない。そしてチクニー業界の王様で知名度は無印良品レベルなので数日もあれば買い手が付く。値段設定はあまり傷がなければ新品価格の4000円引きぐらいで書い手が付く。ここまで高い値段設定で売却できる中古品は他に存在しないだろう。そしてオシャレな上にアダルトグッズだとみなされないので家電として売却できる。

「スマホで操作できるチクニーグッズが欲しい」

U.F.O.TWは前作SAと違ってスマホがコントローラーになる。専用アプリをインストールすることでそれがコントローラーになる。オプション的な扱いではなく、スマホでコントロールすることがメインになっているので実用度も高い。iPhoneには対応しておらずAndroidのみ対応しているがこれを機にAndroidに乗り換えるきっかけにもなる。ちなみに簡易の操作部分はカップ本体にあるのでスマホが無くてもコントロールはできる。しかしやはりスマホで操作することがメインになったおかげで前作U.F.O.SAにあった煩わしいコードと専用コントローラーがなくなったおかげでさらにオシャレになりそして取り回しがしやすくなりそして快適に使用できるようになっている。カップルで使用する際も前作U.F.O.SAはコードやコントローラーをゴチャゴチャさせながらのプレイで「なんかダサくて興醒め」というエッチのムードを台無しにする原因でもあったがU.F.O.TWになってから完全独立型のワイヤレスになりそしてスマホでコントロールする形態になったためその興醒めリスクは改善されている。

「片乳だけ使えるのが欲しい」

U.F.O.TWは前作U.F.O.SAと違って完全独立型ワイヤレスになったので片方だけ使うことができる。前作は両方のカップがコードで繋がっていた。コントローラーが繋がっていた。そのため、片乳にだけ装着しようとすると片方のカップがコード直付けなのでブラブラした状態で煩わしかった。そのブラブラしたカップが自身の体に触れるたびに「グッズでしている」という虚しい感じがあった。しかし、TWになってそれがなくなっている。さらにTWはスマホのアプリで操作できるのでさらにワイヤレスになっている。専用コントローラーという下品な印象に拍車を掛けるようなものがない。ちなみに簡易の操作部分は本体のカップに付いているので片手で片乳を操作できてこれまた快適だ。

「風呂で使えるのが欲しい」

U.F.O.TWは生活防水レベルになっている。湯船に落としてしまってすぐ取り出せば壊れることはない。しかし、沈めたままだと壊れる。しかし、風呂場という高温多湿の場所で使用しても壊れる心配はない。シャワーを浴びながら使用しても壊れる心配はない。さらに完全独立型ワイヤレスなのでコードが一切無いため、風呂場でも快適に使える。おまけに舌パーツがシリコン素材に変わったため風呂場でも有機的な感触を乳首や乳輪そして乳房で感じられる。胸に装着してチクニーを味わいながらシャンプーしたり新感覚のライフスタイルを実現できる。それはまるで風俗嬢に乳首を舐められながら髪を洗ったりするハーレム日常体験のよう。そしてもちろん、カップルで風呂使用できる。彼女のおっぱいに装着して乳首舐めしながら立ちバックなど人にはできない新感覚セックスを体験でき、風呂セックスのバリエーションも広がる。

「家族バレしないのが欲しい」

U.F.O.TWは防水なので風呂で使える。風呂という家族バレリスクのないプライベート空間で使える。前作U.F.O.SAは防水性能が無かったので風呂では使えなかった。そのため、前作SAは家族バレリスクが高まってしまう。さらに新作TWは静音性に優れているので風呂から動作音が漏れることもない。新作TWは前作SAからモーターが進化したのに静音性も前作と同じレベルに抑えられている。馬力が強くなったのに静音性が優れているという高性能なモーターが搭載されている。さらに、TWは即イキできるので風呂場で長時間使用して家族が確認しにくるというリスクも防げる。

「チクニーマシンをベッド脇に常駐させて日常使いしたい」

U.F.O.TWはクレイドル式になっているので据え置きスタイルが想定されて作られている。そしてベッド脇に設置して使用されることを想定されて作られている。完全なワイヤレスになっており、スタンドとなるそのクレイドルに置くと自動的に充電される。そしてボタン1つで温めもできる。防水仕様なのでローションが付いたままクレイドルに戻してもOK。そして翌日使う頃には勝手にフル充電になってくれている。そして呼吸をするように手に取る毎日になる。チクニーが日常になる。チクニーはチクニーでもチクニーマシンの王様なのでグッズに舐められる体験止まりの他社製品と違って「人に乳首を舐められる」という体験にまで突き抜けている。つまり、飽きずに日常的にずっと使用することができてしまう。

「最高の静音性かつ最高に気持ち良いチクニーマシンが欲しい」

電動チクニーマシンが静音性を追求するとモーターがどんどんひ弱になっていく。モーターの馬力が弱くなると小さい乳首パーツしか動かせなくなる。つまり、できるだけ乳首との摩擦を減らすため乳頭そして乳首までしか接触しない小さい乳首パーツになっていく。乳輪やその周辺の乳房まで刺激がないので「やっぱり人間に舐められるほうが気持ち良い」という感じになってしまう。さらにモーターの馬力が弱いと乳首との摩擦を減らすために舌圧強めのグイグイ乳首舐めを体験できない。とにかくゆるい舌圧の乳首舐めしか体験できない。これまた「やっぱり人間にグイグイ舌圧強めの舌を埋め込まれながら舐められるほうが気持ち良い」という感じになってしまう。しかし、その「静音性に優れる=馬力が弱い」という常識を覆して登場したのがU.F.O.TWである。U.F.O.TWはなんと従来機U.F.O.SAの静音性を維持したまま馬力が強くなっているのである。

「コスパ高い節約できる高級電動チクニーマシンが欲しい」

U.F.O.TWは従来機と違って舌アクセサリーが別売式になった。これはつまり、毎年毎年、舌アクセサリーが発売され続けることを意味する。そしてU.F.O.TWのメーカーは何回も落としても全然壊れたりしない堅実で無骨な製品を作るメーカーなので壊れる心配もない。それでいて旧型と比べて気持ち良い。旧型と比べてモーターが強くなっているので旧型では体験できなかった舌圧の感触を楽しめる。そして旧型は乳首だけだったのが乳輪からその周辺の乳房まで責められる広範囲な乳首責めを体験できる。そしてこのメーカーは発売を滞ることなく毎年新作を発売するメーカーでもあるので期待できる。とにかくアダルトグッズ業界でチクニーグッズをあれこれ冒険する手間とお金をスキップしていきなり最終的に手にするであろう王様を手に入れることができる。本体さえ買っておけばあとは無限大なので、とにかくチクニーマシン史上最上級に気持ちよくそれでいて最上級に節約できるマシンになっている。

「冬場でもヒヤッとせず快適にチクニーしたい」

U.F.O. TWは他の電動チクニーグッズと違って温感機能がある。そして舌部分だけでなくカップ内部も温まってくれる。冬でもヒヤッとすることなく連日チクニーできる。さらにイタズラに温まるのではなくホッカイロのように人肌に優しい温度に温まってくれる。これにより「人ではなくアダルトグッズで乳首をイジっている」というむなしい感じになってしまうことなく「人が自分の胸に顔をうずめて乳首と乳輪と乳房をペロペロ舌圧でグイグイ舐めて責めてきている」という体験で楽しめる。冬以外はもちろんヒヤッとせず使えてそして素材レベルでかなり冷たくなってしまう冬場でもちゃんと温まってくれてヒヤッとせず使える。

「彼女や妻を異常な快楽で独り占めして浮気不倫防止対策したい」

U.F.O. TWでオッパイを責めながらセックスしたりクンニしたりシックスナインすればその同時責めによる圧倒的な異次元快楽によって「こんなに気持ち良いセックス今まで経験したことない」と相手に言わしめ、浮気されたり不倫されたりするリスクを無くせる。旧型と違って完全なワイヤレスなのでセックス中や愛撫中にコードの煩わしさがなく快感に全力集中できるので相手に最大の快楽を提供できる。もし万が一、不倫されたりしてもあなた以上の快楽をもたらせる男はおらず必ずあなたに戻ってくるだろう。二人で歩いているときにもし相手が他の男にトキメイていたりしても情事で絶対的な気持ち良さをもたらせるので嫉妬することなく堂々としていられるメリットもある。

「電気毛布などで温めたりしたくない」

温め機能のないチクニーグッズを温める方法は電気毛布にくるんだり暖房器具の近くに置いて温めるする他ない。それをしないと乳首が乳首なだけにヒヤッとしてしまう。そしてむなしい。しかし、新型U.F.O. TWで温感機能が搭載されたことにより、暖房器具で温めるというむなしいことをせずにスマートに温められるようになった。もう虚しくない。さらに暖房器具と違って直接温めるので素材レベルで温まってほぐれてくれる。ほぐれることで無機物的だった感触が有機物的な感触に生まれ変わる。つまり、新型U.F.O. TWになって旧来のむなしい温めをしなくて済むようになり、さらに温感機能でしかもたらせない気持ち良さも体験できるのだ。

「故障を気にせず丸洗いしたい」

チクニーグッズが非防水であるデメリットはローションをたっぷり使えないことと、使用後に隅々までスッキリ丸洗いできないという欠点がある。とは言うものの、旧型であるU.F.O.もU.F.O. SAも少々のことでは浸水したりしなかったのがさすが電動チクニーマシンの王様と言わんばかりにしっかりしている。しかし、とは言えどもやはり浸水故障の心配が常に付きまとっていた。そこで新型U.F.O. TWになり、丸洗いできる防水性になったのでローションを浸水気にせずたっぷり使える。そしてベットベトになったそのチクニーマシンを水道水でジャブジャバ丸洗いできる。

「ヒヤッとせず温かくチクニーしたい」

U.F.O.シリーズがU.F.O. TWになって温感機能が搭載された。そして単純なウォーマー機能ではなく、舌パーツ部分はもちろん、カップ内部分そしてローションを塗布したまま温められる。防水仕様になっているのでローション浸水故を心配する必要もない。30分温めればホッカホカになる。これにより、カップが胸に当たったときにホッカイロのように温かい。そしてホッカイロのように温かい舌が乳首や乳輪そして乳房をグイグイ舐め回す。そしてこれまたホッカイロのように温かいローションが乳首や乳輪そして乳房に馴染んでいく。

「チクニーの快感に全力で没頭したい」

チクニーでメスイキできるかどうかは電動チクニーグッズの快適性で大幅に左右される。その大きなスペック要素が「コードレスかどうか」である。電動チクニーマシンの王様であるU.F.O.シリーズの新作U.F.O. TWになってついに完全独立型のワイヤレスになった。このおかげで準備から使用中まで「道具でチクニーしている」という現実に戻されることなく人に乳首責めされている体験であり続けられるほど快感が阻害されずに没頭できるようになった。チクニーで妄想の助けをあまり借りることなく確実にメスイキするにはワイヤレスであるU.F.O. TWこそが必要と言える。

「グッズではなく人の舌で舐められたい」

U.F.O. SAからU.F.O. TWになって舌パーツが素材レベルで変わってより人肌に馴染む感触に生まれ変わっている。さらに、温感機能が搭載されたので温かい舌で乳首責めされる体験ができるように進化している。おまけに舌パーツが大型化されたため人と同じように乳首だけでなく乳輪そして乳房も舐められる体験ができるように進化している。これらにより、U.F.O. TWは従来と比較して人に舐められている乳首責めをより体験できる。

「乳首だけでなく乳輪も乳房も舐められたい」

チクニーグッズの王様はU.F.O.シリーズであるがU.F.O. SAまでは乳首をピンポイントに責める乳首だけの刺激タイプになっている。しかし、新型U.F.O. TWになってモーターが強化されて大型の舌パーツでも動かせるようになり、これにより乳首だけでなく乳輪そして乳房も刺激されるようになった。つまり、乳首責めマシンの中でちゃんと気持ち良くてなおかつ乳首だけでなく乳輪も乳房も広範囲に乳首責めされる体験ができるのは言うまでもなくU.F.O. TWである。

「舌圧強くグイグイ乳首舐め責めされたい」

U.F.O.TWは従来機と違ってモーターが変更されてトルクが2.2倍強くなっている。これにより、従来機では取り付けられなかった大きくそして広い舌パーツを取り付けられるようになった。このおかげで乳首に舌圧強めでグイグイ責めてくる体験ができるだけでなく、ピンポイントに乳首刺激だった従来機と違って乳輪そして乳房までもグイグイ強い舌圧で舐めてくる体験ができるようになっている。よって、UFOシリーズの中で舌圧強めでグイグイ責めてくるチクニーを体験できるのはU.F.O. TWである。

「ローションをたっぷり使いたい」

ローションをたっぷり使いたい場合はローション浸水故障を心配する必要がある。従来機のU.F.O.もU.F.O. SAも防水ではないので、ローションが舌アクセサリーと本体との間などに入り込んで故障してしまう。そしてたっぷり使ったローションを洗い落とす際に水道水などが隙間から入り込んで故障してしまう。しかし、新作のU.F.O. TWは丸洗いできる防水仕様になったのでローションをたっぷり使用できる。たっぷり使用したローションをジャバジャバ洗い流せる。「ローションをたっぷり使用したい」という場合はU.F.O. TWでなければ浸水故障のことを常に気に掛けながらの使用で快感に集中できず、かといって思い切ってたっぷりローションを使ったらすぐに故障して買い直す羽目になってしまう。最終的にお金を無駄にしないのは浸水故障リスクの無いTWである。

「A10サイクロンSAでは抜けなくなった」

オナニーでマンネリになったらオナホの最高峰であるA10サイクロンSAがオススメと言いたいところだがA10サイクロンSAでさえもイケなくなってしまったというマンネリレベルになってしまったら解決策は1つしかない。「アナル責めしながらペニスを責める」という同時刺激である。いきなりアナルに挿れるのはハードルが高いと思うのでアナルの入り口を責めるアナニーから始めるのが良い。その際にオススメなのがU.F.O.TWである。それまで全然イケなかったのが異常な気持ち良さのフェーズに飛翔して感動が蘇るだろう。

「アナルを舐められたい」

U.F.O. TWはチクニーマシンだがアナニーとして使える。アナニーはアナニーでもアナル舐めプレイを体験できる。プロの舌使いの動きでアナルを舐められる。そして舌ギミックが別売されて交換できるので様々な舐められ感触を味わえる。さらにウォーム機能で温かい舌で舐められる体験ができる。風俗や人間でアナル舐めしてもらうと性○リスクが伴うのに対し、これは風俗嬢顔負けのプロのアナル舐めを体験できる上に性○リスクも無くて非常におすすめと言える。

おすすめではない人

「隠して保管収納したい人」

彼女が来るだけの部屋なら何ら問題ない。しかし、家族が来る部屋の場合はそもそもアダルトグッズだと思われなくてもアダルトグッズ自体をその部屋から完全に隠したいと感じることだろう。そして使う時だけ取り出して使うスタイルにしたいと思う。しかし、U.F.O. TWはクレイドルで据え置きの常駐型にスタイル変更されたのでとにかく据え置きが想定されている。クレイドルがとにかくデカくて収納の際に鬱陶しい。普段は隠して使う時だけ取り出したいという人はU.F.O. TWではなくU.F.O. SAが最適でおすすめである。U.F.O. SAはクレイドルなどもなくそしてUSB給電なので持ち運びにも最適だ。

「安いのが欲しい人」

U.F.O. TWは約4万円もする。財布から一気に1万円札が4枚抜けていく。クレジットカードで払っている場合は高く感じないかもしれない。しかし、同じ経済状況でも現金派にとってはそれはとても高く感じることだろう。一方、U.F.O. SAは約2万2000円で買える。その差額約2万円はいったい何なのかというと「断線故障が起きないこと」そして「温感機能のおかげでグッズでいじる虚しい感じではなく人に舐められる体験ができること」そして「丸洗い防水になったこと」そして「モーターが高性能化したおかげで舌パーツが巨大化して乳首だけでなく乳輪そして乳房も擦られるようになったこと」などが挙げられる。そして確実にメスイキできるメリットもある。しかし、やはりU.F.O. TWは高い。U.F.O. TWはまるで傘を2990円で買う感覚に似ている。その場しのぎでコンビニで500円ぐらいのでいいという感覚がU.F.O. SAである。月イチでしか使わない予定なら正直、U.F.O. SAがおすすめだ。

「iPhoneユーザーの人」

U.F.O.TWのコントローラーはスマホになっている。スマホに専用アプリをインストールしてスマホとカップを無線接続してそれで操作する。しかし、問題はその専用アプリがAndroidにしか対応していない。Google Playにしか対応していない。そしてこのアプリは昔からあって昔からAndroidのみだったので今後のiPhone対応の可能性は低く期待できない。しかし、チクニーグッズの中で王様であり圧倒的な気持ち良さなのでこれを気にAndroidに乗り換えるきっかけになるだろう。そしてゲオに中古スマホが数千円で売っているので専用コントローラー用として買うのも大いにありだ。ただやはり、手のひらにすっぽり収まるような専用コントローラーが別売されるのに期待もしたい。ただ本体に簡易の操作ボタンがあるので結局そこを使うようになるのでiPhoneもAndroidも不要に感じてだんだんどうでもよくなってくる。

「充電しながら使いたい人」

U.F.O.TWは充電しながら使用できない。充電する際はクレイドルに置き戻さないといけない。そしてフル充電で1時間しかバッテリーがもたない。さらにフル充電に2時間半も掛かる。将来、マグネット式のモバイルバッテリーでワイヤレス充電しながら使用できる可能性もあるがすぐにとは言い難い。

「有線派という人」

イヤホンでもなんでもとにかく充電という行為がめんどくさいので全部そういうのは有線派という人はUFOTWは最適とは言えない。なぜならフル充電に2時間半も掛かる。しかもそんなに長く充電したのにたったの1時間しかもたない。速攻でバッテリーが終わる。かといって充電しながら使用することができない。充電するにはまたクレイドルという充電スタンドに置き戻さないといけない。ワイヤレスモバイルバッテリーに対応していればいいのだがそれもまだ対応していないが今後対応する可能性はある。

「風呂に浸かりながらチクニーしたい人」

U.F.O. TWは防水になっている。しかし、丸洗いOKの防水性能であって沈めてもOKなレベルの防水性能には至っていない。そのため、風呂に浸かりながらそして胸に装着したそのU.FO.TWも半分浸かりながらチクニーするということができない。壊れないこともないが本体価格が4万円近くするのでなかなかリスキーなことはできない。そのため、風呂で使う際は湯船の水高を浸からない程度にお湯を抜いて下げるかそれともシャワーのところでチクニーするというシーンに限られる。ぶっちゃけ、半分沈めながら使用しても壊れることはないがただの気持ちの問題ではある。こういった時に人は「自己責任でお願いします」と言って逃げるが、TWにおいては事情が違う。正確に言うと「このメーカーは結構無骨なので意外に大丈夫です」と言うのが相応しいだろう。ただやはり「防水ではないイヤホンを風呂で使っているが意外に壊れない」というフワフワした感じなので「それを続けるといつか壊れる」というのが念頭にあるためあまりおすすめではない。

「1時間以上チクニーしたい人」

U.F.O. TWのバッテリーはフル充電で1時間しかもたない。そしてスマホみたいにコードを挿して充電しながら使用するといったことができない。一方、U.F.O. SAはフル充電でバッテリーが2時間ももつ。そのため、1時間以上チクニーしたいという際は新作U.F.O. TWではなく前作U.F.O. SAのほうが最適でおすすめである。

「バッグに入れて毎日持ち運びたい人」

U.F.O. TWはクレイドルが無いと充電できない。そしてフル充電でも1時間しかもたない。そのクレイドルが29cmもあってしかも奥行きも意外にあってデカくてかさばってバッグに入れたら大きく専有してしまう。一方、U.F.O. SAはクレイドルなどはなく本体に直接コードを挿して充電するタイプなのでスマホのように持ち運びの携帯性に優れている。充電時間も2時間近く保つ。新作U.F.O. TWは携帯性が悪い。一方、前作U.F.O. SAは携帯性に優れている。

従来機との比較

「スペック」での比較

スペック比較U.F.O. TWU.F.O. SAU.F.O.
税込価格38,390円21,780円8,514円
防水機能はある?
温感機能はある?
舌パーツは別売式?
馬力は強い?
静音性は高い?
携帯性は?
充電は早い?✔(フル充電は2時間30分)✖(フル充電は3時間)✔(単3乾電池3本型)
長時間使える?✖(連続稼働時間は1時間)✔(連続稼働時間は2時間)✔(連続稼働時間は∞※単3乾電池3本)
耐久性は?✔(完全独立型ワイヤレスなので断線故障リスクがない)✖(断線故障リスクが高い)✖(断線故障リスクが高い)

「使用体験」での比較

体験比較U.F.O. TWU.F.O. SAU.F.O.
ローションたっぷり使える?✔(防水)✖(非防水)✖(非防水)
舌圧強めの体験はできる?
乳首だけでなく乳輪も乳房も刺激される?▲(ローズパーツのみ)
快感に全力で集中できる?✔(完全独立型ワイヤレスのため。)✖(コード式のため。)✖(コード式のため。)
ヒヤッとせず使える?
冬でもちゃんと温まる?✔(温感機能があるため。)✖(温感機能がないため。)✖(温感機能がないため。)
ローション浸水を気にせずたっぷり使える?
浸水を気にせず丸洗いできる?
電気毛布で温めたりしなくて済む?
セックスの同時責めで使いやすい?✔(完全コードレスのため。)✖(半コードレスのため。)✖(コード式のため。)
長年飽きずに使える?✔(舌パーツが別売式で毎年発売され続けるため。)✖(舌パーツが付属の物しかないため。)✖(舌パーツが付属の物しかないため。)
静か?
家族バレせずに使える?
風呂で使える?

「乳首を吸われるレベル」の比較

U.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも吸着装着力が強い。なので吸われる感覚はU.F.O. TWのほうが強い。U.F.O. TWのほうがおっぱいを吸われながら舐められる体験をより濃厚に体験できる。ちなみに、U.F.O. SAもU.F.O. TWも吸盤タイプなのでいわゆる巨大な吸盤になっている。吸引機能は無いがデフォルトで吸われる感触がある。そしてU.F.O. TWになってその吸盤力が強くなっている。U.F.O. TWのほうが吸われるレベルが強い。

「フリマで高額売却できるかどうか」の比較

U.F.O. TWもU.F.O. SAもフリマで高額売却処分できる。しかし、U.F.O. TWのほうが高額売却処分しやすい。なぜならU.F.O. TWはU.F.O. SAと違って断然故障が起きない上に浸水故障も起きない。U.F.O. SAは売る前に壊れる心配がある。さらにU.F.O. SAの同梱式と違って舌アクセサリが別売式なので売却しやすい。交換式であるU.F.O. TWのほうが次オーナーにとって都合が良い。

「貧乳微乳でも装着できるかどうか」の比較

U.F.O. TWちっぱいでもサポーター無しで装着し続けられる。しかし、U.F.O. SAはちっぱいの場合はサポーターが無ければ装着し続けられない。新作U.F.O. TWになって前作U.F.O. SAよりも吸着力が増している。なのでちっぱいでも外れない。

「ゲイカップルで使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWのほうがゲイカップルで使える。前作U.F.O. SAは胸板に装着すると前かがみになったり体を動かすとポロリと落ちる吸着力だった。サポーターが必須だった。

しかし、U.F.O. TWはそれが改良されて男性の胸板でもしっかり吸着するようになっている。サポーターが不要になっている。

そのため、U.F.O. TWは女性限定的なグッズではなく男性にも特化した電動乳首責めマシンに進化しているので、性別レスになったU.F.O. TWこそがゲイカップルの使用に最適でおすすめとなる。

「真面目な交際に使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWのほうがU.F.O. TWよりも真面目な交際で使える。

U.F.O. TWはU.F.O. SAと違ってアダルトグッズの見た目ではなく美顔器の見た目なので、真面目な交際をしている彼女に見せてもビックリされない。それでいてセックスのグレードが上がって愛を深めることができる。

さらにU.F.O. TWはU.F.O. SAと違ってコードレスで体位変更中に体に絡まったブラブラしたりせずムードを壊さない。そしてU.F.O. TWはU.F.O. SAと違ってサポーターを彼女に着てもらわなくても装着維持できる。たとえちっぱいでも進化した強い吸着力のおかげでサポーター無しで装着固定できるのでちっぱいについて言及しなくて済むので嫌われない。おまけに温感機能があるので彼女をヒヤッとさせない。そして防水なのでお風呂で彼女とのエッチで使える。

そのため、真面目な交際で彼女とのエッチに使えるにはU.F.O. TWのほうが最適でおすすめ。

「長年飽きずに使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWにほうがU.F.O. SAよりも長年飽きずに使える。

U.F.O. TWはU.F.O. SAと違って舌アクセサリが別売式になっている。一応、別売式のうち2個が付属している。そしてその舌アクセサリは年々新しい感触の舌アクセサリが発売され続けることになる。なので飽きない。一方、U.F.O. SAは舌アクセサリが付属の6種類しか存在しないのでいずれ飽きてしまう。

また、飽きる云々の前に故障する問題がある。U.F.O. TWは故障対策も進化している。前作U.F.O. SAでネックだった断線故障が完全独立型ワイヤレスになったことで根本から改善されている。また、浸水故障で壊れるのがお決まりだった前作U.F.O. SAに対して、U.F.O. TWは防水になったので浸水故障も起きない。衝撃故障はどちらも強い。

そのため、壊れず長持ちするのはU.F.O. TWのほうである。さらに、飽きずに長持ちするのはU.F.O. TWのほうである。したがって、U.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも長年飽きずに使える。

「風俗勤務で使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWはプロが業務利用してもバリバリ使える。一方、U.F.O. SAを業務利用すると安物買いの銭失いみたいなことが起こる。

1つに、舌アクセサリ(舌パーツ)問題がある。U.F.O. TWは舌アクセサリが別売式なので新たに買い足すことができて常に清潔な状態を客に見せられる。一方、U.F.O. SAは舌アクセサリが付属の12個しか無い。別売されていない。なのでその12個をずっと使い古していくか新たに本体を買う必要がある。メーカー規格外の舌アクセサリを買うというアコギな使い方もあるがおすすめではない。U.F.O. TWならば舌アクセサリだけ買えば済む。

2つに、装着固定問題がある。U.F.O. SAは女性用に作られているので男性客にはサポーターを付けてもらうことになる。一方、U.F.O. TWは全性別向けに作られているので男性の胸板でもサポーター無く外れず装着させることができる。「そのサポーター、前のお客さんが着たやつ?」という感じがしてしまう。もちろん、自身のナイトブラで代用はできるがサイズ問題もある。なのでU.F.O. SAはサポーターを買い続けたり洗濯したりする地獄にハマって大変。一方、U.F.O. TWはサポーターが不要なので本体代だけで済む。

そのため、風俗勤務で男性客に使う場合はU.F.O. SAよりもU.F.O. TWのほうが最適でおすすめとなる。

「頻繁に隠せるかどうか」の比較

U.F.O. SAのほうが頻繁に隠せる。U.F.O. TWは頻繁には隠せない。

U.F.O. TWは据え置き型になっている。ベッド脇に常駐させて据え置く前提で作られている。そしてクレイドルが30cmあって大きくて非常にかさばる。使う度にクレイドルとセットで隠す必要がある。例えばバッグに隠す際もまるでミニ炊飯器を使う度に出し入れするようなかさばり方に似ている。一方、U.F.O. SAはクレイドルなどが存在しないので収納する前提で作られているので使う度に隠す使い方に適している。

そのため、シェアハウスなど頻繁に隠して使いたい場合はU.F.O. TWではなくU.F.O. SAのほうが最適でおすすめとなる。

「ラブホに持ち込みやすいかどうか」の比較

ラブホに持ち込みやすいのはU.F.O. SAのほう。持ち込みにくいのはU.F.O. TWのほう。しかし、問題は持ち込んだその先であるラブホという現場で実際にバリバリ使えるのはU.F.O. TWのほうである。

U.F.O. TWは据え置き型なので持ち込みにくい。バッグに入れにくい。かさばる。イメージとしてはカセットコンロをバッグに入れてホテルに持ち込むイメージ。一方、U.F.O. SAは携帯型なので持ち込みやすい。ドライヤーをバッグに入れて持ち込むような手軽さがある。

しかし、問題はホテルで彼女により使えるのはU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうであるという事情がある。そのため、彼女とのエッチでつまらないセックスではなく最高のセックスにしてずっと関係を持ち続けたい場合はかさばってもU.F.O. TWを持ち込むのがより気持ち良いエッチを彼女に提供できておすすめとなる。

そのため、ラブホテルに持ち込みしやすいのはU.F.O. TWではなくU.F.O. SAのほうではあるがホテル先で使うのにベストなのはU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうと言える。なので持ち込みしにくいのは我慢してU.F.O. TWを持ち込むのが最適でおすすめとなる。

「冬にヒヤッとしないかどうか」の比較

U.F.O. SAは温感機能が無いので彼女をヒヤッとさせてしまってムードを壊してしまいかねない。一方、U.F.O. TWは温感機能があるのでヒヤッとさせずに済むのでムードを壊すことなく最高のセックスを彼女に提供できる。

U.F.O. TWは温感機能がある。温感機能で乳首に触れる舌アクセサリ部分だけでなく乳房に触れるカップ内部も温まる。なので「エッチなムードになって服の中に手を入れたら手が予想外に冷たかったようでヒヤッとさせてしまってビックリされる」というような失態をしなくてすむ。一方、U.F.O. SAは温感機能が無いのでヒヤッとさせてしまって嫌われるリスクがある。数分間もあれば体温で温かくなるがその辺の気遣いの無さで嫌わてしまうリスクがある。

そのため、冬にヒヤッとしないのはU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうである。

「セックスで使いやすいかどうか」の比較

U.F.O. TWもU.F.O. SAもセックスで使いやすい。しかし、よりセックスに使うことに特化しているのはU.F.O. TWのほうである。

U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスなのでコードが体位変更の時に絡まない。吸着力と装着固定力が増しているのでちっぱいでも外れない。温感機能があるのでヒヤッとさせない。防水なので風呂セックスでも使える。さらに防水のおかげでローションをたっぷり使っても〝ローション浸水故障〟が起きない 。ローションセックスでも使える。舌アクセサリの種類がU.F.O. SAよりも多いので困らない。美顔器の見た目なので怖がられない。

一方、U.F.O. SAはコードタイプなのでセックス中の体位変更中などに煩わしい。吸着力と装着固定力が普通なのでサポーターを彼女に着てもらうことが必要。温感機能が無いのでヒヤッとさせてしまう。防水ではないので風呂セックスで使えない。たっぷりローションを使うと浸水故障が起きる事例が多数報告されているのでケチってしまって彼女の乳首をローション不足で摩耗させてヒリヒリさせてしまって嫌われる。当然、ローションセックスで使えない。舌アクセサリは6種類しか無いので飽きられてしまう。そしてアダルトグッズの見た目なので怖がられることがある。

そのため、セックスでより使えるのはU.F.O. SAではなくU.F.O. TWである。

「快感に集中できるかどうか」の比較

U.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも快感に集中できる。

U.F.O. TWはコードレスなので煩わしくない。コントローラーがカップに内蔵されているので煩わしくない。温感機能があるのでヒヤッとせず興醒めせず煩わしくない。防水なのでローション故障の件を心配しなくて良く煩わしくない。吸着力が強くなったので男の胸でもサポーター不要で煩わしくない。前作U.F.O. SAで煩わしかったことがことごとく改善されているので快感に集中できる。

U.F.O. SAはネックイヤホン的な半コードレスでコードが煩わしい。コントローラーがカップから伸びているので煩わしい。温感機能が無いのでヒヤッとして煩わしい。防水ではないのでローションをたっぷり使ったら壊れる不安があるので煩わしい。吸着力が強くないので男はもちろん巨乳でなければサポーター必須でそれを着るのが煩わしい。煩わしいことが多いので快感に集中しようとしても邪魔されることが多々起こる。

そのため、U.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも煩わしいことが圧倒的に少ないのでTWのほうが快感に集中できる。

「取り回しがしやすいかどうか」の比較

U.F.O. TWもU.F.O. SAも取り回しがしやすい。しかし、U.F.O. SAは2015年に発売された電動乳首舐めマシン。6年以上の歳月をかけて改善されて登場したU.F.O. TWを1度経験してしまうと、やはりU.F.O. TWのほうがはっきり言って圧倒的に取り回しがしやすい。

U.F.O. TWは据え置き型になっている。ベッド脇に常駐させることになる。なので、ベッドに横になったときに腕を頭に伸ばせばU.F.O. TWを手に取ることができる。そしてそのまま呼吸をするように胸に装着してチクニー開始できる。バタンキューした疲れ切った身体でも息を吸うように開始できる。しかも2人のヒトに片乳ずる同時に舐められているハーレム体験ができる。そしてチクニーが終わって戻すときもそのまま装着した状態で寝落ちするのもよし。もしくは外してまた手を頭上に伸ばして電気ケトルを戻すかのごとくクレイドルに眠気まなこで置き戻すだけ。眠気を邪魔されることなく寝落ちできる。セックスで使う際もベッドに常駐させている上に温感機能でホカホカ状態でスタンバイしているのでいつでもベストタイミングで彼女にロマンチックに使える。見た目も「これからアダルトグッズを使う」という感覚ではないのでエッチの際も印象が良い。さらに完全独立型ワイヤレスでコードも存在せずスッキリしている。オマケに吸着力も増しているので装着サポーターが不要。U.F.O. TWはとにかく取り回しに特化している。

一方、U.F.O. SAは携帯型になっている。携帯型なのでベッド脇に置いていると片付けたくなってくる。基本的に収納して保管しているのでいざ使用する時に取り出すというスタイルになるため使う時にひと手間あって面倒。ネックバンドイヤホンのように完全ワイヤレスではなくコードがあるのでバラバラしていて煩わしい。温感機能も無いのでヒヤッとしたくない場合は使用前に電気毛布などで温める手間もある。非防水なのでローション浸水故障が起きないようにローションをケチる必要が手間。そして吸着力が普通なので装着サポーター必須でそれを着るのが面倒。仰向けで使えば不要だが起き上がったら外れるのでその縛りが面倒。U.F.O. SAはU.F.O. TWを経験してしまうとやはり取り回しが悪いと感じてしまう。

そのため、U.F.O. SAよりもU.F.O. TWのほうが圧倒的に取り回しがしやすい。

「舌圧強めのグイグイ舐めを体験できるかどうか」の比較

U.F.O. TWのほうが舌圧が強い。U.F.O. SAはU.F.O. TWに比べて舌圧が弱い。

U.F.O. TWは前作U.F.O. SAに比べてモーターが進化している。トルクが強くなっている。馬力が2.2倍強くなっている。グイグイ舌圧強めの動作をしてもトルク不足になって動作停止することなく動き続けてくれる。前作と違ってより大きい舌アクセサリを動かせるようにパワーアップしている。より高さが高くて摩擦の強い舌アクセサリでも動かせるようにパワーアップしている。カップ本体をグッと強く押さえつけてもトルク不足になることなく動作し続けてくれる。そしてU.F.O. TWの舌アクセサリは前作と比べて巨大化している。そのため、U.F.O. TWのほうが舌圧強めのグイグイした乳首舐めを体験できる。

一方、U.F.O. SAは新作U.F.O. TWに比べてモーターが旧型なので2.2倍弱い。グイグイ強めの乳首舐めをするとトルク不足で動作が止まってしまう。新作U.F.O. TWと比べて舌アクセサリも摩擦を減らすために小さくそして低い。カップ本体をグッと押さえつけても案外止まることはないがU.F.O. TWと比べると物足りなく感じてしまう。しかし、電動乳首責めマシン業界では強いほうである。ただ、U.F.O. SAは新作U.F.O. TWよりは舌圧強めのグイグイした乳首舐めは体験できない。

なので、新作U.F.O. TWのほうが旧作U.F.O. SAよりもモーターが強く、それに合わせて舌アクセサリも大きくそして高く巨大化している上に、メーカーも舌圧の強い乳首舐めができるようにと作っているので、舌圧の強いグイグイドSで痴女的な乳首舐めを体験したい場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめとなる。

「風呂で使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWは風呂で使える。U.F.O. SAは風呂で使えない。

U.F.O. TWは前作U.F.O. SAと違って防水なので風呂で使える。防水性能は丸洗いできる生活防水。風呂場という高温多湿な環境でも浸水故障が起きない。シャワーを浴びながらチクニーに使っても壊れない。シャンプーで頭を洗いながらチクニーに使っても壊れない。シャンプーを洗い落としながらチクニーに使っても壊れない。リンスを頭に馴染ませて待機中のチクニーに使っても壊れない。リンスを洗い落としながらのチクニーに使っても壊れない。体をボディーソープで洗いながらのチクニーで使っても壊れない。体にボディローションを塗りながらのチクニーに使っても壊れない。風呂セックス中の乳首責めに使っても壊れない。ローションセックス中の乳首責めに使っても壊れない。半身浴しながら使っても壊れない。ただし、完全防水ではなく生活防水なので湯船にどっぷり浸かりながら使うと浸水故障が起きてしまう。

一方、U.F.O. SAはU.F.O. TWと違って防水ではないので風呂で使えない。洗うことができないので水拭きか消毒タオルなどで後始末する必要もある。シャワーを出していなくても風呂場という高温多湿の環境で壊れてしまう。シャワーを浴びながらチクニーに使うこともできず、シャンプーしながら使うこともできず、リンスしながら使うこともできず、体を洗いながら使うこともできず、ボディローションしながら使うこともできず、風呂セックスでも使えず、ローションセックスでも使えず、半身浴でも使えない。とにかく風呂で使えない。アダルトグッズは無骨なイメージではあるが防水でない物は意外に水であっけなく壊れる市場の現実もある。ちなみに、U.F.O. SAの故障原因で多くを占めるのが浸水故障になっている。U.F.O. TWはそれを改善している。

そのため、U.F.O. TWのほうが風呂で使うことに特化している。風呂でチクニーにガンガン使える。風呂セックス中の乳首責めにガンガン使える。ローションセックス中の乳首責めにガンガン使える。一方、U.F.O. SAはそれらが全然できない。したがって、風呂で使いたい場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「家族バレしないかどうか」の比較

U.F.O. TWは家族バレしない。U.F.O. SAも家族バレしない。より家族バレしないのはU.F.O. TWのほう。

U.F.O. TWは完全に美顔器の見た目なのでもし家族に見られてしまってもレディース用品か美容機器の何かにしか思われない。男性の場合は頭皮マッサージのなにかにしか見えない。ドライヤーやヘアアイロン等と一緒に置いておけば完全にカモフラージュできる。さらに、完全独立型ワイヤレスなのでアダルトグッズだと連想される原因である〝コード〟が無いのでアダルトグッズだと連想されない。そして専用コントローラーが撤廃されたのでアダルトグッズだと連想される原因である〝リモコン〟が無いのでアダルトグッズだと連想されない。おまけにクレイドル型になって据え置きタイプになったのでアダルトグッズだと連想される原因である〝携帯型〟ではないのでアダルトグッズだと連想されない。

一方、U.F.O. SAは美顔器の見た目でもあってアダルトグッズの見た目でもあるので家族バレする可能性は低いがU.F.O. TWほどカモフラージュ能力は完璧とは言えない。有線タイプなのでアダルトグッズだと連想される原因である〝コード〟がカップから伸びているのでアダルトグッズだと連想されてしまう。さらに専用コントローラー付きなのでアダルトグッズだと連想される原因である〝リモコン〟がカップから伸びているのでアダルトグッズだと連想されてしまう。おまけに隠して収納しやすくバッグに入れて持ち運びもしやすいように携帯型になっているため、アダルトグッズだと連想される原因である〝持ち運ぶ見た目〟なのでアダルトグッズだと連想されてしまう。

U.F.O. TWはアダルトグッズだと連想される見た目でもなくコードも無くリモコンも無く携帯型でもないのでアダルトグッズだと連想される要素をことごとく改善している。しかし、U.F.O. SAはアダルトグッズだと連想される見た目でコードもあってリモコンもあって携帯型なのでアダルトグッズだと連想される要素がまだ多く残留している。U.F.O. SAは2015年に発売された電動乳首責めマシンということもあってカモフラージュレベルの件についてはU.F.O. TWに比べて発展途上と言える。そのため、U.F.O. SAよりもU.F.O. TWのほうが家族バレせずに済む。

「アナニーを清潔にできるかどうか」の比較

U.F.O. TWはアナニーを清潔にできる。U.F.O. SAはアナニーを清潔にできない。

U.F.O. TWは防水なので丸洗いできる。丸洗いできるのでアナル付近にカップ内部が触れても洗剤や消毒液を使って丸洗いできて清潔に保てる。舌アクセサリはもちろん洗える。そして前作U.F.O. SAの故障原因であった舌アクセサリとカップとの接合部分も対策されていて洗う際に浸水故障の心配をしなくていい。ゴシゴシ洗える。隅々まで洗える。そしてコードレスなのでアナル付近にコードが触れて汚れることもなく清潔に保てる。おまけに舌アクセサリが別売式なので洗っても洗っても臭くなったらまた1000円ぐらいで新しい舌アクセサリを買ってシャープペンの替芯のごとくサクッと交換できて清潔に保てる。

一方、U.F.O. SAは防水ではないので丸洗いできない。丸洗いできないのでアナル付近にカップ内部が触れたら消毒タオルで拭き取るぐらいしかできない。洗う場合は非常に疲れる。浸水故障しないかハラハラしながら洗う面倒さがあって疲れる。清潔に保てない。舌アクセサリは洗えるがカップとの接合部分に浸水するとすぐ壊れてしまう。そしてコードがカップから伸びているのでアナル付近に触れたしたらそこも消毒タオルで拭いたりしないといけず厄介。おまけに舌アクセサリが別売式ではなく付属式なのでその12個全てが洗っても洗っても臭いが取れなくなったらメーカー外の舌アクセサリを買うなどアコギな使い方に落ち着かない。

U.F.O. TWは防水でコードレスで舌アクセサリが別売式なので清潔にアナニーできる。しかし、U.F.O. SAは非防水でコードタイプで舌アクセサリも付属の物のみなので清潔にアナニーできない。そのため、U.F.O. SAよりもU.F.O. TWのほうがアナニーを清潔にできる。

「速度を細かく調節できるかどうか」の比較

U.F.O. TWは速度を細かく調整できない(ひと手間要る)。U.F.O. SAは速度を細かく調整できる(手間無し)。

U.F.O. TWは速度を細かく調整するにはスマホと連携させてスマホをコントローラーにするひと手間がある。U.F.O. TWになって前作にあったフルコントロール仕様の専用コントローラーが撤廃されている。そして簡易のコントローラーがカップにスッキリ内蔵されている。その操作部分はボタンが1つのみで押す度に速度と動作がセットになったパターンが順繰りで切り替わっていく。もし、前作U.F.O. SAのように専用コントローラーで各動作に対して速度を調整したい場合はGoogleプレイからVORZEコントローラーアプリをインストールしてスマホとU.F.O. TWを連携させてそのスマホをかつての専用コントローラーとして使用する必要がある。ただし、GoogleプレイのみでAppStoreには対応していない。つまりAndroidのみでiPhoneには対応していない。ただ今後iPhoneに対応する可能性はある。しかし、いざ彼女とのセックスで細かい速度変更は要るのかというと実際は要らない。予めセットされた動作と速度のセットを押していってどれがいいか彼女に聞く方が楽だ。そちらの方が早いしせっかく盛り上がっているムードを中断させずに済む。興醒めさせずに済む。そんなこともあってU.F.O. TWではふたりエッチに特化しているためかそういった細かい操作がカップ本体のコントローラー部分から撤廃されている。カップル仕様に特化しているとも言える。ひとりエッチでは不便ではある。ひとりエッチすなわちチクニーにはU.F.O. SAのほうが便利。しかし、ふたりエッチすなわちカップル使用ではもっぱらU.F.O. TWのほうがむしろ簡易なおかげで都合が良く便利である。

一方、U.F.O. SAはスマホなど介さなくてもカップ本体に繋がっている専用コントローラーで速度を細かく調整できる。U.F.O. TWのようにコントローラーが内蔵されていないのですっきりスタイリッシュではないものの、専用コントローラーが無骨に活躍してくれて実用度に長けている。U.F.O. TWのようにわざわざGoogleプレイからコントローラーアプリをダウンロードしてインストールして無線接続設定しなくても有線で繋がっているその専用コントローラーでアナログにすぐ調整できる。チクニーで自分が求める絶妙な速度を各動作に対してかゆい所に手が届くように調節できる。なので、ひとりエッチではもっぱらU.F.O. SAは都合が良い。しかし、ふたりエッチではやはりリモコンをイジイジするダサくて鈍臭い姿を彼女に見せなくて済むU.F.O. TWのほうに軍杯が上がる。

そんな感じで、U.F.O. SAのほうが速度を細かく調節する際に回りくどいセッティングが不要。カップ本体から伸びているフルコントロール対応の専用コントローラーで息をするように調節できる。しかし、U.F.O. TWはその専用コントローラーが撤廃されていて新たに内蔵された簡易コントローラーでは速度は細かく調節できずスマホに専用アプリをインストールしてワイヤレス連携のセッティングをしてそのスマホを〝ヴァーチャル専用コントローラー〟にしてやっと細かく調節できる。速度にちまちまこだわる必要のないセックスではU.F.O. TWが最適、速度に細々こだわりたいひとりエッチではU.F.O. SAが最適でおすすめである。彼女とのセックスにもひとりエッチにも使いたい場合はU.F.O. TW一択だ。

「彼女に言えるかどうか」の比較

U.F.O. TWは持っていることを彼女に言いやすい。U.F.O. SAは持っていることを彼女に言いにくい。

U.F.O. TWは見た目が圧倒的にオシャレだ。美顔器にしか見えない。レディース家電にしか見えない。エステ機器にしか見えない。カップルで使う家電にしか見えない。とにかくアダルトグッズだと連想されてしまう箇所である「コード」も無く「リモコン」も無い上に「据え置き型」なのでアダルトグッズだと察される見た目の要素がことごとくスッキリ撤廃されている。なので彼女に見せることができる。彼女とのエッチで「これを使おう」といきなり出しても怖がられずに済む。彼女に堂々と紹介できる。いちいち「これは怪しい物ではない」などとあの手この手を使って弁解せずそのまま見せられる。

一方、U.F.O. SAは見た目がオシャレではあるもののアダルトグッズの見た目が拭い切れない。「これはアダルトグッズである」とヒトが察知する外見の要素である「コード」と「リモコン」と「持ち運び型」という見た目が相互に結び付き合って何となくU.F.O. SAはアダルトグッズだと察することができてしまう。2015年に登場した物でまだアダルトグッズの見た目が少し無いと買ってくれないという市場の事情もあったので仕方がない。しかし、6年以上経った今ではそんな古臭い時代は遺物化している。なのでU.F.O. SAは古いと感じてしまう。その若干の古臭さとそれに伴うかすかなアダルトグッズ臭に彼女は一種の男性優位で性的搾取的な感じを感じ取って怖がってしまうかもしれない。なので彼女に言いにくい。真面目な交際だとかなり言いにくい空気がさァ〜と訪れる。それをあれこれ弁解して挽回するのがめんどくさ過ぎる。

なので、U.F.O. TWのほうがエステ家電の見た目でセンスが良いので肉体関係の割り切り関係ではなく真面目な交際をしている彼女にもアウェーな空気になることなくエッチでバリバリ役立ってくれる。もちろん肉体関係だけの彼女とのエッチでもバリバリ役立ってくれる。とにかくU.F.O. TWは真面目な交際をしている彼女に言える。しかし、U.F.O. SAはアダルトグッズの見た目でちょっと下品な見た目なので肉体関係だけの割り切り関係なら全然平気だが真面目な交際をしている彼女には当然言いにくい。U.F.O. TWとU.F.O. SAの差額は約1万7000円だがその値段分をケチったばかりにせっかく繋がった大切な彼女と別れる羽目になってしまう。以上、U.F.O. TWは彼女に言いやすい。U.F.O. SAは彼女に言いにくい。彼女と別れたくないならばU.F.O. TW一択だ。

「オシャレかどうか」の比較

U.F.O. TWはオシャレ。U.F.O. SAもオシャレ。しかし、U.F.O. SAよりもU.F.O. TWのほうがオシャレ。

U.F.O. TWはオシャレさに磨きがかかっている。アダルトグッズである以上、少しでもダサい要素があると拍車が掛かるように下品な見た目になってしまうフシがある。U.F.O. TWはその問題に完全に向き合って作られている。まず最初に「コード」というダサい部分を取り除いている。完全独立型ワイヤレスになったおかげで圧倒的なオシャレさに突き抜けている。さらに実用性を犠牲にして「専用コントローラー」を取り除いている。専用コントローラーが無くなったおかげでアダルトグッズだと連想されない見た目になっている。簡易コントローラーがカップにコントローラーだとは分からないような見た目で内蔵されている。そして最後に携帯性を犠牲にして「据え置き型」にしたことで〝オシャレなアダルトグッズ〟のフェーズから完全に〝エステ機器〟のフェーズに突入している。とにかくU.F.O. TWはエステ機器にしか見えない。メーカーにとって専用コントローラーを撤廃したこととクレイドル仕様にしたことは不便にすることでもあるのでユーザーから批評を受けることを予想していただろう。それを承知でこのスタイルを突き進めたメーカーに脱帽である。U.F.O. TWは完全にエステ機器の次元に居る。

一方、U.F.O. SAもオシャレでもある。しかし、実用性を優先したためか性玩具の見た目が滲み出ている。実用性を優先して専用コントローラーがカップから伸びている。実際、非常に使いやすい。携帯型で持ち運びもしやすくてすごく扱いやすい。U.F.O. TWのような邪魔なクレイドルが無い。しかし、その実用性を優先した結果、ダサさが際立っている。まるでTOYOTA自動車だ。すっっごく便利。しかしなーーんかダサい。そんな感じが拭えない。そこそこ見た目もオシャレでそしてゴリゴリ実用的。しかし、U.F.O. TWのような外車でフェラーリの感じが無い。U.F.O. SAはU.F.O. TWのようにエステ機器とは言えない。U.F.O. SAはオシャレなアダルトグッズというフェーズ止まり。まるでテンガの次元だ。アダルトグッズだということに開き直っているみたい。一方、U.F.O. TWは開き直るより完全にエステ機器にカモフラージュできている。

U.F.O. TWはエステ機器の見た目のフェーズにある。突き抜けたオシャレさだ。しかし、U.F.O. TWはオシャレなアダルトグッズの見た目のフェーズにある。アダルトグッズだという次元を超えられていない。したがって、U.F.O. TWのほうがフェーズの違うオシャレさがある。なので、オシャレなほうが欲しい場合はU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「AC電源かUSB充電か」の比較

U.F.O. TWはAC電源型。U.F.O. SAはUSB充電型。U.F.O. SAのほうが場所に縛られず充電できる。

U.F.O. TWの充電はAC電源型になっている。充電にはクレイドルが必須でそのクレイドルに置き戻す必要がある。そのクレイドルとコンセントが繋がった状態になる。カップ本体にUSB給電口が無いため、カップだけ持ち運んで外出先でコンパクトに充電することができない。クレイドルも一緒に持ち込んでそのクレイドルをコンセントに繋ぐ必要がある。さらにクレイドルはUSB給電ではないのでモバイルバッテリーなどでは充電できない。場所に縛られてしまう。将来、U.F.O. TWが磁石式ワイヤレスモバイルバッテリーで外部充電できることに期待だ。

一方、U.F.O. SAはUSB充電型になっている。U.F.O. TWのようなクレイドルは無い。U.F.O. SAのカップ部分からのびているバッテリー入り専用コントローラー部分にUSBを挿して充電する。モバイルバッテリーでも充電できる。スマホと同じようにコンセントに依存しない。どこでも充電できる。縛られない。

U.F.O. TWはAC電源型でU.F.O. SAはUSB充電型。スマホと同じようなノリで充電できて手軽なのはやはりU.F.O. SAのほうである。

「据え置き型か携帯型か」の比較

U.F.O. TWは据え置き型になっている。一方、U.F.O. SAは携帯型になっている。

U.F.O. TWはクレイドルとセットでなければ何もできない。その30センチある巨大なクレイドルが無ければ充電できない。温感機能も使えない。カップ本体にUSB給電口があるわけでもないので「自宅はクレイドルで外出時はUSB充電」というようなスマートな使い方ができない。持ち込む際にバッグに入れるとやはりかさばってしまう。もっぱら据え置き型をコンセプトに作られている。

U.F.O. SAは携帯型になっている。U.F.O. TWのようなクレイドル無しでは何も始まらないスタイルではない。スマホと同じように本体にUSB給電口があるので本体だけでスッキリ充電できる。2015年に発売された電動乳首責めマシンなので温感機能が無いのは仕方がない。自宅では急速充電時にUSBでコンセントを利用し、ラブホテルでもU.F.O. TWのようなクレイドルを持ち込むことなくスッキリとUSBを使ってコンセント充電できる。モバイルバッテリーでも充電できる。バッグに入れてもかさばらない。もっぱらスマホと同じように携帯型をコンセプトに作られている。

U.F.O. TWは据え置き型をコンセプトに作られているのでスマホのようなノリで使えない。どちらかというとACアダプターがカステラみたいにデカいノートパソコンを持ち歩く感覚に似ている。しかし、U.F.O. SAは携帯型をコンセプトに作らているのでスマホのようなノリで使える。持ち歩く際も非常にスッキリしていて手軽だ。

「専用コントローラーの有無」の比較

U.F.O. TWは専用コントローラーが無い。U.F.O. SAは専用コントローラーが有る。

U.F.O. TWは前作U.F.O. SAまであった物理的な専用コントローラーが撤廃されている。十字キーだった専用コントローラーが1ボタンになり、それがカップ本体に内蔵されている。前作は十字キーのフルコントローラーがカップからコードで伸びていた。U.F.O. TWは専用コントローラーが撤廃されて簡易コントローラーに生まれ変わっている。前作は十字キーで速度変更と動作パターンを細かく変更出来ていたのに対して、U.F.O. TWはiPodシャッフルのように1つしかないそのボタンを押す度に動作パターンと速度がセットになって順繰りで変わっていく。なぜ〝簡素化〟されたのかというと、性的にドロドロした見た目の原因であった専用コントローラー部分を撤廃することで〝見た目をエステ機器に突き抜けさせるため(圧倒的オシャレ化のため)〟であり、必要な代償とも思える。おかげで真面目な交際をしている彼女にコソコソ隠すことなく堂々と見せられてそして彼女に使えるようになっている。もし、前作U.F.O. SAのようなフルコントローラー仕様の専用コントローラーを復活させたい場合はGoogleプレイから「VORZEコントローラーアプリ」をインストールしたAndroidスマホをヴァーチャルの専用コントローラーとして復活できる。

一方、U.F.O. SAはカップからコードでフルコントロールできる十字キーの専用コントローラーがのびている。動作パターンも速度も細かく調整できるのでこだわったチクニーにも対応出来る。実用度に特化している代償として〝見た目がアダルトグッズ〟というデメリットがある。なので交際中の彼女とのエッチで使おうと紹介するには説明が要って面倒。肉体関係なら説明は要らないがやはり真面目な交際をしている彼女には使いにくいデメリットがある。また、例えばチクニーしたままカップラーメンを作ったり、そういった時に専用コントローラーがブラブラして邪魔だ。U.F.O. TWはそういう邪魔さが無い。例えて言うとU.F.O. SAはネックバンド型のBluetoothイヤホンの感覚。U.F.O. TWはAirPodsのように完全独立型イヤホンの感覚。U.F.O. TWを経験してしまうとその開放感にU.F.O. SAは時代遅れを感じてしまう。しかし、U.F.O. SAは軽トラのように実用性に特化している。

U.F.O. TWは専用コントローラーが無い。1ボタン操作のみになってひとりエッチでは利便性が下がったが、おかげでエステ機器の見た目の次元にあって彼女とのエッチで使いやすい。一方、U.F.O. SAは専用コントローラーが有る。十字キーで細かく調整できるのでひとりエッチに最適とも言える。その代償としてアダルトグッズの見た目があるので彼女とのエッチで使う際は怪しい物ではないと説明が必要になって面倒。1人でしか使わないならU.F.O. SAもありだがやはりU.F.O. TWのほうが快適。2人で使うならU.F.O. TW一択。迷うのが面倒ならU.F.O. TW一択である。

「浸水故障しないかどうか」の比較

U.F.O. TWは浸水故障しない。U.F.O. SAは浸水故障する。

U.F.O. TWには防水性能がある。丸洗いできる生活防水レベルになっている。これにより、前作U.F.O. SAで多数報告されていた洗浄時の浸水故障が対策されている。さらに、ローション浸水故障も対策されている。前作U.F.O. SAはローションが舌アクセサリとカップ本体との接合部分に入り込んで壊れる浸水故障が起きていた。U.F.O. TWではそれが対策されている。そして前作と違って風呂で使えるようになっている。彼女とエッチなムードになった時に風呂でそのまま使える。仕事から帰宅して1日の疲れを癒しながら風呂でチクニーできる。風呂で片乳ずつ2人のヒトに同時に舐められるハーレム体験ができる。前作U.F.O. SAのような場所に縛られる感覚が無くなっている。シャワーを浴びながらでも使える。ただし、完全防水ではないので湯船に浸かりながら使用する場合は半身浴でない限り浸水故障してしまう。

一方、U.F.O. SAは防水性能が無い。非防水になっている。2015年に発売された電動乳首責めマシンでもあるので防水性能が無いのは仕方ないと言える。当時のスマホでも防水は少なかったのでやはり仕方ない。しかし、丸洗いできないので後始末時は浸水しないように器用に洗ったり、水を含ませたティッシュタオルで拭いたり、消毒タオルで拭いたり、色々と手間が掛かって後始末が手間過ぎて利用頻度も下がっていた。さらに、乳首が摩耗してヒリヒリしないようにローションをたっぷり使用するとカップと舌パーツとの接合部分に入り込んで壊れてしまっていた。〝ローション浸水故障〟が起きてしまう。ローションでも浸水故障は起きる。そしてそのローション浸水故障がU.F.O. SAの故障原因の上位を占めていた。当然、風呂では使えなかった。彼女に使う時も「それ、清潔なの?」という不安感がよぎって気持ち良くなれない欠点もある。まるで雨の日に、先日買ったスマホが時代に反して非防水だった事にハッと気づいて画面に溜まった水玉を急いで拭いてポケットに入れて焦る感覚に似ている。

以上、U.F.O. TWは防水のおかげで故障から開放されて不潔からも開放されて後始末の手間からも解放される。一方、U.F.O. SAは非防水なので不潔になりがちで後始末も面倒でいつか浸水故障で壊れる未来から逃れられない。面倒事を避けたいならばU.F.O. TW一択、それらの面倒事をしててでもケチりたい場合はU.F.O. SA一択。彼女に使うならば、防水のおかげで清潔感MAXに保てるU.F.O. TW一択である。

「断線故障しないかどうか」の比較

U.F.O. TWは断線故障しない。U.F.O. SAは断線故障する。

U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスになったのでコードという部分が本体から無くなっている。コード自体が無いので断線故障のリスクが無い。というのも、前作U.F.O. SAの故障原因に断線故障が大きな割合を占めていた。新作U.F.O. TWはその問題をコードを強くしたとかそういった小手先ではなく有線タイプから完全ワイヤレスに機構自体を変えてそもそも断線故障が起きない状態に見事に改善している。これにより、前作U.F.O. SAに常に付きまとっていた「断線故障しないようにコード周りを丁寧に扱う手間」から開放されている。長年使ったらそのうち断線故障で壊れる未来からU.F.O. TWは解放されている。すなわち、たとえ丁寧に扱わなくてもU.F.O. TWならば故障の心配なく長年使用し続けることができる。

一方、U.F.O. SAはワイヤレスではなくネックバンド系の半ワイヤレスになっていてコードがカップ同士とバッテリー兼コントローラー部分に繋がっている。使用しているうちにここが断線故障してしまう。そしてU.F.O. SAの故障原因に断線故障が多くを占める。いずれ断線故障して終わるというのがU.F.O. SAにはある。それから改良されたりはしていないので断線故障のしやすさは昔のままだ。U.F.O. SAを故障させずに長年使用するコツはコード部分の付け根などをイジイジしないように丁寧に扱ったりとにかく常に〝アダルトグッズの世話〟が必要になる。U.F.O. TWはその世話感が無い。

このように、U.F.O. TWは断線故障しない。アダルトグッズの世話に振り回されることなく故障の心配も無く長年使える。一方、U.F.O. SAは断線故障する。アダルトグッズの世話に振り回される生活になってしまう。そして断線故障して燃えないゴミ行きとなる。故障する未来のない堅実な電動乳首責めマシンが欲しい場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「完全ワイヤレスかどうか」の比較

U.F.O. TWは完全ワイヤレス。U.F.O. SAは半ワイヤレス。

U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスになっている。AirPodsのような完全なるコードレスの左右独立型ワイヤレスになっている。コード自体が存在しない。なので従来の有線イヤホンと違って「付けているのを忘れる」ほどの次元に至る。U.F.O. TWも同様に付けているのを忘れるような次元に到達できる。つまり、U.F.O. TWは道具で乳首を責めているという現実を超えて「ヒトに舐められている体験」に遷移していける。それほど快適だ。

一方、U.F.O. SAは半ワイヤレスになっている。いわゆるネックバンドタイプのBluetoothイヤホンのような状態になっている。有線イヤホンと違って便利ではあるが、完全独立型ワイヤレスイヤホンのような〝付けているのを忘れる〟という次元に行こうとするとコードが首に触れたりあちこち垂れたりしていちいち再確認させられる感覚と同じことが起こる。そんな感じでせっかくヒトに舐められている体験に移り変わろうとするときにいちいちコードが身体に揺れ触れて現実に戻されて道具で乳首をいじっているという現実に戻されてしまう。

U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスなのでやっとヒトに舐められている体験ができる。一方、U.F.O. SAは半ワイヤレスで有線タイプなので道具でイジっている体験に留まってしまう。数万円も出して道具でいじるむなしい体験はしたくないという場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめとなる。

「充電時間の長さ」の比較

U.F.O. TWはフル充電に2時間半掛かる。U.F.O. SAはフル充電に3時間掛かる。

U.F.O. TWはモーターが変わった。高性能なモーターに変わった。馬力が2.2倍強いモーターに変わった。それでいて静音性が高い。モーターとしては非常にエネルギーが要るので充電に時間が掛かる。さらに、バッテリーが前作と違ってカップに内蔵されているので使用中に重力でカップ本体もろとも外れ落ちない重さに制限されている。バッテリー持続時間が1時間減ってしまったことは残念ではあるが充電時間が30分短縮されただけでもありがたい。

U.F.O. SAは2015年に発売された電動乳首責めマシン。当時の技術でもかなりエネルギーが要る動作をするので充電に3時間も掛かるのは仕方がない。ただし、U.F.O. TWよりも1時間多く動く。

U.F.O. TWはフル充電に2時間30分掛かる。U.F.O. SAは3時間掛かる。充電を待つのが面倒な場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうがおすすめである。

「彼女に使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWは彼女に使える。U.F.O. SAは彼女に使いにくい。

U.F.O. TWはエステ機器の見た目なので実際にエッチに使う時に見せても引かれない。アダルトグッズ臭が無い。そして装着性能が増しているので彼女がちっぱいでも『専用サポーター』を着てもらうことなく使える。これは大きい。「ちっぱいだからこの固定用専用サポーターを着ないとこのアダルトグッズは使えない」という暗にちっぱいを否定するような行為をしてしまってムードを壊すというリスクがU.F.O. TWには無い。さらに温感機能があるので彼女をヒヤッとさせずに済む。そして彼女の大切な乳首をヒリヒリ摩耗させないためにローションをたっぷり使っても〝ローション浸水故障〟が起きない。前作U.F.O. SAはこのローション浸水故障が起きることが多かったのでローションをケチってしまって彼女の乳首を摩耗させて嫌われるリスクがあった。ちなみにローションセックスで使っても壊れない。おまけにバッテリー持続時間が1時間なので乳首を摩耗させる前にバッテリーが切れるので彼女の体に対するセーフティー的にも都合が良い。しかも防水なので風呂で使えるため風呂でいい雰囲気になってもそのまま浸水故障の不安なく使える。防水のおかげで丸洗いできるので清潔感MAXに維持できて彼女に見せやすいのも利点。そして、舌アクセサリが前作から巨大化したおかげで乳首も乳輪もその周辺の乳房にも刺激があるのでU.F.O. TWのほうが重奏的な気持ち良さがある。

一方、U.F.O. SAはアダルトグッズの見た目なので「え!?これなに??」と驚かれていちいちU.F.O. SAの正体を説明するのが面倒すぎる難点がある。さらに2015年に発売された代物で装着性能が発展途上なので巨乳でない限りは前述の固定用の専用サポーターを着てもらう必要がある。それを着てもらわないとエッチ中に外れ落ちて「外れ落ちたってことはワタシがちっぱいだから...」と暗に察されてしまってその後のエッチのムードは崩壊に進んでいく。そして温感機能が無いので「最初は冷たいけれど数分で体温で温まるから我慢して。」というまるで昭和のトイレを彷彿とさせる古臭さを感じられてテンションが下がる。そして防水ではないので彼女の乳首を摩耗させないためにローションをたっぷり使うとU.F.O. SAがローション浸水故障を起こして壊れてしまう。舌アクセサリとカップの接合部分にローションが入り込んであっけなく壊れてしまう。ローションセックスで使うとすぐ壊れる。そしてバッテリーが2時間もつのでうっかり2時間使い続けてしまって彼女の乳首を摩耗させる結果になって「エッチは気持ち良かったけどあの日から乳首がヒリヒリするので最悪」という事態になるリスクがある。U.F.O. SAは非防水なので風呂で使えないため、風呂でいい雰囲気になっても乳首責めマシンを使えない普通の風呂セックスに終わってしまって心もとない。非防水で丸洗いできないので「それ、清潔なの?」と思われて嫌がられることもある。そしてU.F.O. SAはトルク不足を回避するためにピンポイントに乳首にしか刺激が無いので年代落ち感が否めない。U.F.O. SAはもっぱらひとりでするチクニー用に最適と言える。

U.F.O. TWもU.F.O. SAも彼女に使える。しかし、U.F.O. TWが登場している以上、彼女にU.F.O. SAを使うことはケチることを意味するので「ケチったせいで嫌われてしまった」ということで別れてしまうリスクがある。後悔せず文句無しのエッチにしたい場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「温感機能の有無」の比較

U.F.O. TWは温感機能がある。U.F.O. SAは温感機能が無い。

U.F.O. TWは温感機能がある。カップ本体ではなくクレイドル側にある。クレイドルがセットしたカップ本体を加熱するスタイルになる。舌アクセサリ部分が加熱される。ホッカイロのような温かさに変わる。舌アクセサリの素材がほぐれる。前作と違って素材がシリコンになったので熱するとほぐれる。人肌に馴染むような接触感に変わる特性がある。これにより、舌パーツ部分が乳首に触れた時にヒヤッとせずに済む。舌パーツが熱でほぐれているので乳首で無機物感を感じなくて済む。ヒトの舌が当たってくる感じがある。指が当たってくる感じがある。指や舌でなくても有機的で生物的な部位が当たってくる感じがある。さらにカップ内部も温まる。ホッカイロのように温まる。これにより、乳房全体が癒されるように温まる。ヒヤッとしない。まるで乳首を舐めて来る時に顔を近づけてくるあの体温の感じがある。温感機能があることでヒヤッとしなくなる。温感機能があることで〝道具ではなくヒトに触られる〟という次元に行ける。温感機能があることで癒される。さらにローションを塗布したまま温められるのでわざわざ温感ローションを買わなくても良い。

U.F.O. SAは温感機能が無い。舌アクセサリが温まってくれないので乳首がヒヤッとする。冬に特にヒヤッとするので利用頻度が下がる。そして熱でほぐしていないので接触感に道具責め感がある。完全にヒトに舐められる体験にはなれない。カップ内部も当然温まらないので乳房がヒヤッとする。胸板がヒヤッとする。数分間も我慢すれば自分の体温で温まるがそれがケチ臭くて萎える。電気毛布で温めることもできるがそれもケチ臭くて萎える。ひとりで使うなら我慢出来る。しかし、彼女に使う際はまるでラブホに行くというのに入口の角が錆び付いているような格安ラブホに連れていかれるようなゲンナリ感がある。なので彼女には使えない。ローションも温められないので少しでもヒヤッとしたくない場合は電気毛布で温めたり温感ローションを買う必要があったりとにかく〝オナニー感〟があってそういった姿を彼女や彼氏に見せられない鈍臭い姿もあって萎える。

U.F.O. TWには温感機能があるので自分にも彼女にも使える。使っている姿も彼女に見せられるほどキレイ。一方、U.F.O. SAは温感機能が無いので自分にしか使えない。使っている姿にオナニー感があって彼女には見せられない。自分にも彼女にも使えて、自分がチクニーしている姿を彼女に見られても全然平気なのが欲しい場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめとなる。

「人に舐められる体験かどうか」の比較

U.F.O. TWは素で人に舐められる体験ができる。U.F.O. SAも人に舐められる体験ができるがコツが要る。

U.F.O. TWは素で人に舐められる体験ができる。素でトリップできる。〝道具で乳首を責められている〟という現実があるのにも関わらず、その現実から呼吸をするように〝ヒトに舐められている〟という体験にトリップできる。U.F.O. TWはそのトリップのために数々の工夫が施されている。まず1つに完全ワイヤレスである。完全ワイヤレスのおかげでコードの煩わしさでトリップ中に邪魔されるということが起きない。ブラブラ邪魔だった専用コントローラーが撤廃されたことも大きい。快感に集中できる。そして温感機能のおかげでヒヤッとしない。ヒヤッとしないので道具でイジっているという現実を再確認させられずに済むのでトリップに集中できる。さらに防水性能のおかげでローションを大量に使えたり風呂で使えたりじゃぶじゃぶ洗えたりアダルトグッズの世話に振り回されなくて済むのでトリップに集中できる。そしていわゆる巨大吸盤であるそのU.F.O. TWの吸着力が強力になったおかげで男性でも専用サポーターを着ずに済むようになったので素っ裸な感じがしてナチュラルにトリップに集中できる。さらに舌アクセサリが巨大化したことで乳首も乳輪も乳房も同時に擦られてそれがまるでヒトに乳首舐めされる範囲と一致するので直接的にもヒトに舐められている体験に錯覚できる。オマケに直接触れるその舌アクセサリ部分の素材がシリコンになったおかげでヒトの肌と溶け合うような親和性に優れている。グッズでイジっているということを忘れられる。とにかくU.F.O. TWはヒトに舐められている体験にトリップするための施行が数々施されている。

一方、U.F.O. SAも人に舐められる体験ができるが想像補完力が要る。コツが要る。まるで妄想をオカズにオナニーしていた世代が存在していた時代を彷彿とさせる。発展途上的な電動乳首責めマシンとも言える。まず有線タイプなので使用中に常にブラブラと専用コントローラーやそれに繋がっているコードが体に揺れ触れてその度に「いまグッズで乳首をイジッているんだ」と再確認させられてせっかくトリップしようという時にいちいち現実に戻される。そして温感機能が無いので使用する度にヒヤッとする。たとえ夏でもガスを止めた常温シャワーがヒヤッとして冷たくて地獄なことからわかるように温感機能のないU.F.O. SAも最初の数分間がやはり試練だ。そして防水ではないのでローションをたっぷり使えなかったり風呂で使えなかったりアダルトグッズの世話が必要でウザったい。「ローションを多めに使ったらローション浸水故障が起きて壊れてしまう」という不安が常に付きまとってトリップしたくてもそれが邪魔してくる。そして吸着力が普通レベルなので男性の胸板の場合や巨乳でない女性の場合は固定用の専用サポーターを着る必要があって生活のルーティンにU.F.O. SAを組み込めない。いちいちそれを着る必要があって段々と面倒になって利用頻度も下がってしまう。そのサポーターの感じを体で感じる度にトリップ中に「やっぱりこんな道具使わずに誰かに舐めてもらいたいなぁ...」と再確認させられて邪魔される。そしてU.F.O. SAの舌アクセサリはトルク不足を防ぐために小さいので乳首にピンポイントにしか刺激がない。つまり道具特有の感触で段々と人恋しくなってしまう。さらに乳首に直接触れる舌アクセサリの素材がU.F.O. TWよりも無機物的で硬いので乳首や人肌との親和性がシリコンほどではない。なのでグッズでイジっている無機物感を感じてしまう。U.F.O. SAは道具に責められているという現実からヒトに舐められているという体験にトリップするためにそれらが邪魔してくるのでそれにあらがうために妄想力や想像補完力が必要になってくる。

U.F.O. TWは人に舐められる体験を素でできる。一方、U.F.O. SAは素ではグッズに責められている体験でありそこからはユーザーの想像補完力にかかってくる。つまりコツが要る。

「乳房も刺激されるかどうか」の比較

U.F.O. TWは乳房も刺激される。U.F.O. SAは乳房は刺激されない。

U.F.O. TWはモーターが前作U.F.O. SAと比較して強くなったので舌アクセサリが進化している。舌アクセサリが巨大化している。円盤が広くそして突起が高くなっている。さらに舌のように伸びている部分もある。それらの部分が同時に胸を擦っても馬力不足になることなく動いてくれる。乳首も乳輪もその周辺の乳房も同時に擦られる。これが基本的に全ての舌アクセサリに共通している。

U.F.O. SAはモーターがU.F.O. TWほど強くはないので舌アクセサリが控えめになっている。なので乳首をピンポイントに擦る感触になっている。もし、U.F.O. SAのモーターで乳首も乳輪も乳房も擦ると馬力不足で動作が停止してしまう。なのでそれを回避するためにU.F.O. SAはピンポイントに乳首だけが擦られる。

U.F.O. TWは乳首も乳輪も乳房も擦られて濃厚な乳首責め体験ができる。U.F.O. SAはピンポイントに乳首にしか刺激が無いのでU.F.O. TWを経験してしまうと淡白に感じてしまう。

「片乳使用できるかどうか」の比較

U.F.O. TWは片乳使用できる。U.F.O. SAは片乳使用しにくい。

U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスで単独で起動することができる。なので片乳使用できる。前作U.F.O. SAと違ってカップ同士がコードで繋がっていないので片乳使用中に片方のカップがブラブラ邪魔にならない。これにより、横になりながらチクニーしたり、スナック感覚でチクニーしたり、はたまたアナニーがはるかに快適になっている。特にアナニーは片方のカップだけ使えるのですごく都合が良い。前作U.F.O. SAのようにもう片方のカップがアナニー中に居場所がなくて邪魔だった感じがないのでアナニーにより集中できる。

一方、U.F.O. SAはカップ同士がコードで繋がっている。なので片乳使用する際はまるでヘッドホンを片耳だけ使用するような邪魔くささに似ている。片乳チクニーに特化しているとは言えないアコギな使い方になってしまう。横になりながらチクニーする際も片方のカップがコードに繋がったままブラブラして邪魔だったり、スナック感覚でチクニー使用する際にも常にもう片方がくっつい来たり、さらにはアナニーで使う際ももう片方のカップが邪魔でしかない。垂れ下がったコードがアナル付近に触れて清潔面が不安になったりする。U.F.O. SAは片乳使用も集中できずアナニーにも集中できない。まるで頭掛けヘッドホンを片耳側だけ持って聴くような落ち着かなさがある。

U.F.O. TWは完全ワイヤレスなので片乳使用できる。横になりながら乳首責めを楽しめる。スナック感覚で乳首責めを楽しめる。アナル責めも楽しめる。一方、U.F.O. SAは有線タイプなので片乳使用する際はまるでヘッドホンを片耳使用するようなアコギな使い方になってしまう。横になりながら乳首責めしにくい。スナック感覚で乳首責めしにくい。アナル責めもやはりもう片方のカップやコードが邪魔でU.F.O. TWのように集中して楽しめない。そのため、片乳使用する際はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「乳輪も刺激されるかどうか」の比較

U.F.O. TWは乳輪も刺激される。U.F.O. SAは乳首にしか刺激が無い。

U.F.O. TWはモーターが進化したことで扱える舌パーツの自由度が上がっている。乳首だけでなく乳輪も同時に擦っても馬力不足になることなく動いてくれる。舌パーツが前作と違って大型化されている。さらに乳輪だけでなくその周辺の乳房も刺激される。しかも一つだけ巨大というわけではなく、U.F.O. TWの全ての舌パーツが大きい。

一方U.F.O. SAはモーターがU.F.O. TWほど強くない。なので動かせる舌パーツの自由度が低い。そのため、摩擦箇所を増やして馬力不足で動作停止したりしないようにピンポイントに乳首にしか刺激がない。乳輪やその周辺の乳房には刺激が無い。しかし、例外として6種類付属しているその舌パーツの中で唯一一つだけ花びらのような舌アクセサリだけは乳輪も擦られる。しかし、U.F.O. TWのように全ての舌パーツが基本的に乳輪も乳房も擦られるというわけではない。

U.F.O. TWは舌パーツは大型化されているので乳首も乳輪も乳房も刺激される。濃厚な乳首責めを体験できる。しかし、U.F.O. TWは舌パーツがU.F.O. TWほど大きくないので乳首にしか刺激が無い。唯一、一つだけ大きめの舌パーツが付属しているがその一つだけだ。

U.F.O. TWは発売されている7種類以上の舌パーツの全てが基本的に大きい。そして今後新発売される舌パーツは基本的に全て大型。そのため、乳輪も刺激される濃厚な乳首責めを体験したい場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「舌アクセサリの大きさ」の比較

U.F.O. TWの舌アクセサリは大きい。U.F.O. SAの舌アクセサリは小さい。

U.F.O. TWの舌アクセサリは前作U.F.O. SAよりも大型化されている。前作U.F.O. SAは2015年に発売されてそれから6年も経っている。なのでモーターもかなり進化している。馬力が強くなっている。なので乳首も乳輪も乳房も同時に擦っても馬力不足にならなくなったので舌アクセサリが大型化されている。

一方、U.F.O. SAの舌アクセサリはU.F.O. TWほど大きくない。ピンポイントに乳首に刺激がいくようになっている。しかし付属している舌アクセサリのうち花びら形状の舌アクセサリが1種類付属しているがそれは特別にU.F.O. TW並に大きい。ただし、全種6種類のうち残りの5種類は全てU.F.O. TWのような大きさは無い。その理由はU.F.O. SAのモーターがU.F.O. TWほど強くないから。といっても2015年当時では電動乳首責めマシン業界ではかなり強かった。ただし、6年経って発売された新作U.F.O. TWには及ばない。

舌アクセサリの大きさで比較した場合、U.F.O. TWほうがU.F.O. SAよりも大きい。大きいほうがよりヒトに近い乳首舐めを体験できる。そして濃厚な乳首責めを体験できる。やはり、U.F.O. TWを経験してしまうとU.F.O. SAは淡白に感じてしまう。

「舌アクセサリの柔らかさ」の比較

U.F.O. TWのほうが舌アクセサリが柔らかい。一方、U.F.O. SAの舌アクセサリはU.F.O. TWよりも硬い。

U.F.O. TWの舌アクセサリはU.F.O. SAよりも素材が柔らかくなっている。進化している。モチモチしている。人肌に馴染みやすくなっている。なので物理的に柔らかく、そして人肌に馴染んでより柔らかく感じられる。それはまるでヒトの指でこすられているかのよう。ヒトに舌で舐められているよう。異物でこすられる感触が大幅に減少してくれている。

一方、U.F.O. SAの舌アクセサリはU.F.O. TWを経験すると硬く感じてしまう。U.F.O. SAが発売された2015年当時は柔らかく感じていた。しかし、U.F.O. TWを経験するとやはり硬く感じてしまう。まるでスマホのソフトクリアケースみたいだ。U.F.O. TWに比べて無機物感や異物感があるのでヒトに舐められる体験やヒトの指でいじられる体験はU.F.O. TWには及ばない。

舌パーツの柔らかさを比較した場合、新作U.F.O. TWのほうが前作U.F.O. SAよりも柔らかい。物理的にU.F.O. TWのほうが柔らかい。感覚的にもU.F.O. TWのほうが柔らかい。それゆえにU.F.O. TWのほうがヒトに乳首責めされている体験ができる。

「舌アクセサリの種類の多さ」の比較

U.F.O. TW舌アクセサリは7種類以上。一方、U.F.O. SAの舌アクセサリは6種類のみ。U.F.O. TWのほうが多い。

U.F.O. TWの舌アクセサリは7種類ある。すでに7種類ある。実は、U.F.O. TWは前作U.F.O. SAと違って舌アクセサリが市販式になっている。つまり、年々新作の舌アクセサリ発売され続ける。すなわち、年々7種類、8種類、9種類と増えていくのだ。このメーカーは周辺グッズをしぶとく発売し続ける無骨なメーカーなので信頼できる。ずっと年々新作が発売日さえ続けることになるので飽きることはない。

一方、U.F.O. SAの舌アクセサリは6種類しかない。そして新作U.F.O. TWと違って舌アクセサリは市販式ではなく付属式なのでずっと今後6種類しかない。2015年にU.F.O. SAは発売されたがU.F.O. TWが発売された2021年になってもやはりU.F.O. SAの舌アクセサリ新発売されることはなかった。ずっと6種類だった。

舌アクセサリの種類で比較した場合、U.F.O. TWはすでに7種類でU.F.O. SAは6種類のみ。U.F.O. TWのほうが種類が多い。さらに市販式で年々発売され続けるので種類は無限みたいなものだ。飽きっぽい性格の人もやはり、感触が6種類しかないU.F.O. SAよりも年々新しい新感覚の乳首責め体験ができるU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「新感覚の乳首責め体験ができるかどうか」の比較

U.F.O. TWは新感覚乳首責め体験ができる。一方、U.F.O. SAは新感覚の乳首責め体験ができない。

U.F.O. TWは舌アクセサリが市販式になっている。すなわち、さらなる新感覚の舌アクセサリが登場する未来がある。U.F.O. TWは前作U.F.O. SAと違ってモーターが進化して馬力が強くなっているので動かせる舌アクセサリの自由度が上がっている。奇抜な形状で乳首との摩擦が多くなっても馬力不足にならない。おまけに乳首も乳輪も乳房も同時に擦っても馬力不足にならない。メーカーも新しい舌アクセサリを発売することに躍起になっている。今まで誰も経験したことのないような新感覚の乳首責めを体験できる舌アクセサリを生み出すことに躍起になっている。U.F.O. TWになってから「可能性は無限だ」そう言いたくなるような感じになっている。そしてこのメーカーは専用周辺グッズを年々継続的に発売し続けてくれるので打ち切りになる心配なく信頼できる。

一方、U.F.O. SAは舌アクセサリが付属式になっている。さらなる新感覚の舌アクセサリを体験できる未来は無い。U.F.O. SAのモーターがU.F.O. TWほど強くないので取り付けられる舌アクセサリの自由度に制限がある。あまりにも奇抜な形状を開発したとしてもいざ取り付けて動かしたときに馬力不足で止まってしまうのがオチ。そのため、新感覚かつ動作停止することなく動かし続けられることが保証された6種類の付属する舌アクセサリしかU.F.O. SAでは体験できない。いずれ飽きてしまう。8時間AVを買って穴があくまでオカズに使うような感覚で数年後には全然抜けなくなってしまう感覚に似ている。

新感覚の乳首責め体験ができるかどうかで比較した場合、U.F.O. SAでは新感覚は付属している6種類限定されていずれ飽きてしまう。一方、U.F.O. TWは舌アクセサリが新発売され続けるので、まるで単品AV購入派から月額AV派に乗り換えたかのように常に新感覚な感じの乳首責め体験ができる。新感覚の乳首責め体験がしたい場合はU.F.O. TW一択だ。

「大量のローションを使えるかどうか」の比較

U.F.O. TWは大量のローションが使える。一方、U.F.O. SAは大量のローションは使えない。壊れてしまう。

U.F.O. TWは防水になったので前作U.F.O. SAと違ってローション浸水故障が起きなくなった。なのでローションセックスでも使える。さらに乳首を摩耗させないためにたっぷりとローションを使用することができる。なので故障を気にしなくていい。ジョークグッズはこの〝ローション浸水故障〟が意外に起きる。そしてU.F.O.シリーズはローション浸水故障の未来が毎回付きまとっていた。しかし、新作U.F.O. TWになってようやくU.F.O.シリーズで初めて防水になってローション浸水故障とはおさらばできている。

U.F.O. SAは非防水なのでU.F.O. TWと違ってローション浸水故障が起きる。舌アタッチメントと本体を取り付ける接合部分にローションが入り込んで壊れてしまう。大量のローション使うことができない。乳首を摩耗させないためにローションをたっぷり使う際はU.F.O. SAの故障心配もしないといけなくてまるでアダルトグッズの世話をしているみたいで面倒だ。もちろん、ローションセックスで使おうものなら1発で壊れる覚悟で使用することになる。ただ意外に無骨に壊れないこともある。しかし、確実にローション浸水故障が起きないとは言えない。U.F.O. SAはまだ防水世代ではなく2015年に発売された電動乳首責めマシンなので仕方がない。

大量のローションを使用できるかどうかで比較すると、U.F.O. TWは大量ローションを使うことができるのに対して、U.F.O. SAは大量のローションは使えない。そのため、ローションプレイやローションセックスをしたいと思っている場合はU.F.O. SAではなくU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「断線故障と浸水故障の耐久性」の比較

断線故障と浸水故障は電動乳首責めマシン業界に常に付きまとう故障原因。そんな中で、U.F.O. TWは断線故障と浸水故障の耐久性が高い。一方、U.F.O. SAは断線故障と浸水故障の耐久性が低い。

U.F.O. TWは完全独立型ワイヤレスになったので断線故障する原因である〝コード部分〟が撤廃されている。断線故障する箇所がそもそも存在しないので断線故障しない。前作U.F.O. SAはカップ同士と専用コントローラーが繋がっていてそこが必ずと言っていいほど断線故障する未来になっていた。U.F.O. TWになってその断線故障問題がことごとく改善されている。また、防水になったので丸洗いしても浸水故障が起きず、ローションをたっぷり使ってもローションセックスで使ってもローション浸水故障が起きず、風呂で使っても浸水故障せず、とにかくローション周りと水周りで浸水故障が起きなくなっている。前作U.F.O. SAは非防水なのでよく洗うこともできずたっぷりローションを使うこともできなかった。U.F.O. TWでは浸水故障問題もことごとく改善されている。ただ、丸洗いできる生活防水なので風呂で使って湯舟に沈めたら壊れる。残念ながら完全体とは言えない。完全防水の件はU.F.O. TWの次作に期待だ。

U.F.O. SAは断線故障する未来にある。カップ同士と専用コントローラーが一緒に繋がっているので付け根の部分がイゴイゴさせてしまう機会が多く、普通に断線故障してしまう。頻繁に使う場合は数年後ごとに断線故障してはまた本体を買うというループだった。発売から6年たった後にようやく断線故障問題を完璧に解消したU.F.O. TWが発売されて「やっと断線故障して買い直すループから開放されたーーー!」という感覚。また、非防水なので普通に浸水故障が起きる。例えば、そろそろスッキリ綺麗にしようと思って洗おうとすると水が隙間に入り込んで壊れてしまう。もちろんU.F.O. TWと違って風呂でも使えない。そして長時間チクニーしていると乳首がヒリヒリしてくるので摩擦を減らそうとたっぷりローションを使用すると今度はローションが隙間に入り込んで浸水故障してしまう。それから6年経ってようやく防水仕様のU.F.O.である〝U.F.O. TW〟が発売されて「やっとU.F.O.の世話が終わった」そういった感じだ。

断線故障と浸水故障の耐久性の比較において、U.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも耐久性が高い。そのため、すぐ故障して買い換えるのが嫌だったり、アダルトグッズの世話をしたくなかったり、長年壊れず使えて最終的に安く済ませたかったり、風呂で使いたかったり、水洗いして清潔に維持したかったり、彼女とのエッチ中に故障してムード崩壊したくなかったりそういった時もやはりU.F.O. TWほうが最適でおすすめである。

「防水性能の有無」の比較

U.F.O. TWには防水性能がある。一方、U.F.O. SAには防水性能が無い。

U.F.O. TWは防水になっている。防水なので彼女の乳首を摩耗させて嫌われるのを回避するためにローションをたっぷり使用しても前作U.F.O. SAのようなローション浸水故障が起きなくなっている。ローションプレイでもローションセックスでも使える。とにかくU.F.O. TWは前作U.F.O. SAに付きまとっていたローション浸水故障の件がガッツリと対策されている。もちろん、水洗いしても壊れなくなっている。丸洗いできる。ジャバジャバ洗える。清潔に保てるので彼女にも堂々と使える。そして風呂で使える。高温多湿という環境下でも壊れない。シャワーを浴びながら使っても壊れない。シャンプーをしながら使えっても壊れない。リンスで待機中の時も使えて待ち時間があっという間に過ぎる。半身浴の時も使えて一日の終わりにリフレッシュできる。体にボディローションを塗っている時も使える。とにかくU.F.O. TWは防水になったおかげで生活の一部に浸透していく。

U.F.O. SAは防水ではない。ジョークグッズなので作りが単純そうで実質防水みたいなものだと思ってしまう。防水ではないiPhoneを風呂に落としてしまっても意外に浸水故障しなかったりするのもあるのでジョークグッズも無骨で意外に防水でなくてもナチュラルに防水だと予想してしまう。割とジョークグッズは水に濡れたところで壊れる物体ではないのが確かにある。しかし、U.F.O.シリーズだけは別だ。水周りに結構気を遣う必要がある。ローションをたっぷり使ったら舌パーツとカップとの接合部分にローションが入り込んで水ではないのに「え!?ローションなのに浸水故障が起きるの!?」と言わんばかりに浸水故障で壊れる。そして水洗いした時に壊れる。風呂で使って壊れる。数年後に突然動かなくなるのは断線故障か浸水故障のそのどちらかというのがお決まり。浸水故障の未来がU.F.O. SAにはある。

防水性能の有無で比較した場合、U.F.O. TWは防水性能があるのに対してU.F.O. SAには防水性能が無い。ローションでベットベトになりながら乳首責めされたかったり、ローションセックスで使いたかったり、風呂で一日の疲れに使いたかったり、彼女に使いたかったりする場合は非防水のU.F.O. SAではなく防水のU.F.O. TWのほうが最適でおすすめである。

「連続使用可能時間の長さ」の比較

U.F.O. TWの連続使用可能時間つまりバッテリー持続時間は1時間。ただし高速モードでエネルギッシュな動作パターンで1時間。低速モードで省エネな動作なら1時間以上もつ。充電しながらは使えない。一方、U.F.O. SAは2時間。これも高速かつエネルギッシュな動作で2時間。低速で省エネなら2時間以上もつ。しかもU.F.O. SAは充電しながら使えるので事実上無限だ。新作が登場したというのに前作U.F.O. SAのほうが勝っている。

U.F.O. TWはバッテリー持続時間が1時間になっている。フル充電で1時間だ。ただし、この1時間というのは最高速度モードかつ動きの激しいエネルギッシュな動作パターンの動作時の持続時間になっている。そのため、最低速度モードで動きの少ない省エネな動作パターンならば1時間以上もつ。再充電には胸から外してクレイドルに置き戻す必要があるので充電しながらの使用はできない。カップ本体にUSBの給電口も無いので有線で充電しながらは使えない。ひょっとしたらU.F.O. TW専用のマグネット式のワイヤレスモバイルバッテリーが将来発売されてそれで充電しながら使う未来の可能性も無くもない。ただ、問題は1時間以上使用し続けると乳首が摩耗してヒリヒリしてしまうので1人なら全然いいがカップルで彼女に使う際はヒリヒリさせてしまって嫌われてしまう問題があるので1時間で終了するのはちょうどいいとも言える。

U.F.O. SAはバッテリー持続時間が2時間になっている。フル充電で2時間である。そしてU.F.O. TW同様に、この2時間というのは最高速度かつ動きの激しいエネルギッシュな動作パターンで動かしたときの持続時間になっている。最低速度かつ動きの少ない省エネな動作パターンならば2時間以上もつ。そして何よりも充電しながら使えるのでずっと動かし続けることができる。1時間以上使用すると乳首が摩耗してヒリヒリしてしまう問題があるが1人で使う場合はそんなことどうでもいいので一日中チクニーできるのは都合がいい。

連続使用可能時間の長さで比較した場合、U.F.O. TWは1時間でU.F.O. SAは2時間。そして、U.F.O. TWは充電しながら使えないのに対し、U.F.O. SAは充電しながら使える。そのため、充電しながら使えるU.F.O. SAのほうが勝っている。とにかく充電を気にせずずっと一日中チクニーしたい場合はU.F.O. TWではなくU.F.O. SAのほうが最適でおすすめである。

「充電しながら使えるどうか」の比較

新作U.F.O. TWは充電しながら使えない。一方、前作U.F.O. SAは充電しながら使える。U.F.O. SAの勝ちだ。

U.F.O. TWは充電しながら使えない。再充電するには胸から外してクレイドルに置き戻さないといけない。ならば再充電が不要なまでに充電がもつのかというとフル充電で1時間しかもたない。カップ本体に給電口も無いため充電しながら使えない。ただし、将来、U.F.O. TW専用のマグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーが登場すれば充電しながらぶっ続けで使用できる可能性はある。

U.F.O. SAは充電しながら使える。U.F.O. TWと違って本体に給電口があるのでそこにモバイルバッテリーを接続しながら使用できる。もちろん、モバイルバッテリーではなく直接コンセントに繋いでも使用できる。U.F.O. SAはフル充電で2時間しかもたないとされているがU.F.O. SAには充電しながら使える仕様があるので給電し続ければずっと動かし続けられる利点がある。U.F.O. SAならば一日中ずっとチクニーし続けられる。

充電しながら使えるかどうかの比較において、新作のU.F.O. TWではなくあえて旧作のU.F.O. SAを買うことで充電しながら使える。そのため、一日中ぶっ続けでチクニーしたいという人はU.F.O. SAが最適でおすすめとなる。1時間以上使用すると翌日乳首がヒリヒリするので通常のカップルには最適ではないが、彼女がドMだったりマゾメスセックスできる関係性ならセックスで2時間以上乳首責めしながら長時間セックスしたい際にもU.F.O. SAが最適でおすすめである。

舌アクセサリ比較

舌アクセサリ刺激感触おすすめな人
ウズマキ触れるか触れないかのくすぐったい超低刺激羽でフェザータッチされているようなくすぐったい感触スローセックスで長時間エッチしたい人
ブラシサワサワ低刺激サワサワされる感触万人向け
プロペラ舌先が乳首と乳輪にグイグイ入ってくる中刺激舌先が乳輪やその周辺の乳房にグイグイ入ってくる感触万人向け
ベロまったり接触感の動き多め中刺激アイスを舐めとる感じ。力んだ舌先で乳首乳輪をこねくりねぶり回される乳首乳輪を舌で舐め回されたい人
ゴホンくっきり高刺激ギターの弦のごとく指先で素早く弾き続けられる指特有のクッキリした刺激をグイグイ感じたい人
フラワーコツコツコリコリゴリゴリゾリゾリ高刺激おっぱい全体に響くような感触おっぱい全体が気持ち良くなりたいドMの人
クリップ低速で高刺激、高速でエグいほどの高刺激歯ブラシで擦られる無機物的感触、小動物にガブガブされる無機物的感触ハードコアな激しい乳首責めをされたい人

『ウズマキ』体験レビューまとめ

ウズマキは超低刺激。触れるか触れないかのレベルでさわさわソワソワされる感触。焦らしプレイにおすすめ。

『ブラシ』体験レビューまとめ

ブラシは低刺激。サワサワしたソフトな感触。最低刺激のウズマキよりは刺激がある低刺激。万人向け。

『プロペラ』体験レビューまとめ

プロペラは中刺激。U.F.O. TWに付属。乳首や乳輪にグイグイ舌先のような感触が舐め入ってくる感触。乳輪周辺の乳房も気持ち良くなっていく。万人向け。

『ベロ』体験レビューまとめ

ベロは中刺激。力んだ舌先でアイスを舐め取るように乳首と乳輪とその周辺をベロンと舐められる感触。ヒトに舌で乳首舐めされたい人におすすめ。

『ゴホン』体験レビューまとめ

ゴホンは高刺激。5本に束ねた指先で回転責めされる感触。ギターの弦を弾くように乳首を弾かれる感触。指先の感触を感じる乳首責めがされたいという人におすすめ。

『フラワー』体験レビューまとめ

フラワーは高刺激。低速でコツコツコリコリした感触。高速でゴリゴリゾリゾリした感触。胸全体に響くような刺激レベルで胸全体が気持ち良くなっていく。おっぱい全体が気持ち良くなりたい人におすすめ。

『クリップ』体験レビューまとめ

クリップは狂刺激。低速でも高刺激、高速だとエグいレベルの高刺激。歯ブラシで擦られる感触、小動物にガブガブされる感触。ハードコアな乳首責めをされたい人におすすめ。

Q&A

「〝U.F.O.シリーズ専用サポーター〟は一緒に買うべき?」

買わなくてよい。しかし、買っておくといざという時に便利。

U.F.O. TWの吸盤力は進化しているので男性の胸板でもちっぱいでもサポーターは不要になっている。細身の男性でもサポーターなく強く吸着し続けてくれる。しかし、人によって外れやすい場合があるので断言はできない。

そして激しいセックスで使うという時にオッパイがブラブラ触れて外れそうになるのでその際にサポーターがあると便利。さらに「触れるか触れないレベルの淡い乳首責め」を楽しみたい場合はサポーターが必須。方法はU.F.O. TWを緩く装着してサポーターで固定する。

上記のようにいざという時にサポーターは役立つ。

まるでたまたまエッチする流れになった時に「0.01コンドームを常備していたおかげでコンビニに買いに走ってその間にムードが壊れるといったのを防げる」といった感覚に似ている。彼女との貴重なエッチで激しいセックスに展開する可能性を考慮してサポーターを常備しておくと最高のセックスできる。

「アタッチメントだけで使える?」

使えない。本体『U.F.O. TW』が必要。

本気のアダルトグッズを初見で買う時に戸惑ってしまう。普通、そういったジョークグッズは周辺パーツなど無く全て入ったオールインワンのパッケージで売られていると思ってしまう。

しかし、U.F.O. TWは本気のメーカーによる本気の電動乳首責めマシンでメーカーはそれを家電として本気で作っているので周辺グッズが充実している。U.F.O. TWの場合、アタッチメントが別売式になっていて今後新しい感触の舌アタッチメントを本気で毎年開発し続けてくれる。

そういう本気度があるのでU.F.O. TWは本体だけでなくアタッチメンも本気で売られている。初見にとっては戸惑うかもしれない。U.F.O. TWは本体に市販のアタッチメントが2つ付属しているので最初にアタッチメントだけ買う際はダブってしまうことがあるので注意だ。

「男で細身で肋骨が見えるぐらいでも外れない?」

外れない。しかし、人による。

男でもガリガリでも外れない。肋骨が浮いているレベルのガリガリ体型でも外れない。激しくなければ体動かしても外れない。

しかし、ガリガリでも外れる人がいる。外れない人と外れる人の割合は半々といったところ。ご自身がどちらに属するかはくじ引きレベル。外れる可能性は無きにしも非ずなのでサポーターとの同時購入は必須的だ。

ほぼ全員U.F.O. TWが外れるシーンはセックスの最中だったり、激しく体を動かしたりした時に外れてしまう。その際も男性でも女性でも関係なく『U.F.O.シリーズ専用サポーター』との併用が必要になる。

ガリガリなのに外れなかった場合はU.F.O. TWとご自身の胸が非常に相性が良いという証明。本当に買ってよかったと言える日になる。普通、ガリガリならサポーターも一緒に買うのが必須的ではあるが、相性の運試しのごとく、くじ引き感覚を楽しみたい場合は要らない。

「吸引機能は無いの?」

無い。しかし、ナチュラルに吸われ続ける感触はある。

U.F.O. TWには吸引機能は無い。しかし、U.F.O. TW本体は巨大な吸盤でもあるので乳房丸ごと吸引されながら乳輪乳首を舐められたり責められたりする体験ができる。巨大な口でオッパイ丸ごと吸われている体験ができる。

U.F.O. TWには乳首や乳輪をピンポイントちゅぱちゅぱ吸う機能は無いが乳房丸ごと吸われながら乳輪乳首を責められる吸引責め体験はできる。

「一日中ずっとチクニーしたい場合はU.F.O. TWとU.F.O. SAどっちがおすすめ?」

U.F.O. SA。

U.F.O. SAは充電しながら使える。モバイルバッテリーをポケットに入れながら一日中ぶっ続けでチクニーできる。コンセントに繋いだままにすれば寝ながら起きるまでぶっ続けでチクニーできる。一方、U.F.O. TWは充電しながら使用することができない。

寝ながらだったり、家事しながらだったり、食事しながらだったり、トイレをしながらだったり、洗濯をしながらだったり、フィットネスマシンで運動しながらだったり、とにかく一日中ずっとぶっ続けでチクニーした場合はU.F.O. SAのほうが最適でおすすめである。

「バッテリーは本当に1時間しかもたないの?」

低速なら普通に1時間以上もつ。

U.F.O. TWのバッテリーが1時間というのは高速モード時のことだ。なので高速で消費の激しい動作パターンならば本当に1時間しかもたない。

しかし、低速で消費の低いエコな動作パターンならば1時間以上もつ。まるで電動アシスト自転車でフルパワーだみるみるうちに減っていくのに対して低速なら全然減らないのと同じだ。

そのため、U.F.O. TWのバッテリー持続時間は低速なら普通に1時間以上もつのでまったり長時間乳首責めされたいというロングプレイでも活躍してくれる。

「U.F.O. SAの舌アクセサリはU.F.O. TWでも使える?」

使えない。

U.F.O. SAの舌アクセサリはU.F.O. TWでは使えない。互換性が無い。そのため、U.F.O. SA時代にお気に入りだった舌アクセサリをTWで使うことできない。

もし、U.F.O. SA特有のピンポイントな乳首責めやU.F.O. SAの舌アクセサリを使いたい場合はスマホ2台持ちのようにU.F.O. TWとU.F.O. SAの2台持ち状態での所有が必要になる。

「わざわざU.F.O. TWを買わなくても今持ってるU.F.O. SAにU.F.O. TWの舌アクセサリを取り付ければいいのでは?」

無理。

U.F.O. TWの専用アクセサリはU.F.O. SAと互換性が無い。なのでU.F.O. TWの舌アクセサリはU.F.O. SAに取り付けることはできない。接着剤や両面テープで無理やり付けてもそもそもにモーターが馬力不足で満足に動いてくれない。しかし、無理やり取り付けてサポーターを併用して緩く胸に装着すれば使えなくもない。ただ、その様子がいかにも非モテですごく虚しくなる問題点がある。

なので、安く済ませたい場合はU.F.O. SAをヤフオクなどのフリマアプリで売却してその売却費用で補填しながらU.F.O. TW本体を買うのがおすすめと言える。

「U.F.O. TWの舌アクセサリってU.F.O. SAで使えないの?」

使えない。

U.F.O. TWの舌アクセサリはU.F.O. SAに流用できない。互換性がない。たとえ改造して取り付けたとしても満足に動かない。『U.F.O.シリーズ専用サポーター』を使いながらアコギな使い方では動かせなくもない。

しかし、そんな改造をしている姿を彼女には見せられない。U.F.O. TWの舌アクセサリを体験したい場合はこれを機にU.F.O. TW本体を買った方が彼女にも使えてさらにモテる。

「U.F.O. TWの舌アクセサリ買ってU.F.O. SAにセットして使った方がコスパ良くない?」

コスパ悪い。

舌アクセサリだけ買うと結局U.F.O. TW本体を買うことになるので舌アクセサリに手を出したばかりに逆に高くついてしまう結果になる。

U.F.O. TWのことは諦めて今手持ちのU.F.O. SAを断線故障するまで使い続けていざ壊れた時に本当にU.F.O. TWが欲しいかどうか考えるのがコスパ高い。

ぶっちゃけ、U.F.O. TWもU.F.O. SAも似たようなものだ。

「U.F.O. SAの舌アクセサリと違う部分はどこ?」

形状が違う。U.F.O. TWの舌アクセサリにはU.F.O. SAと違ってツノ(舌)みたいな部分が横に伸びている。直径も違う。TWはSAと違って直径が大きい。突起の高さも違う。TWはSAと違って突起の高さが高い。柔らかさも違う。TWはSAと違って柔らかくモチモチしている。

多くの点でU.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりもグレードアップしている。U.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも濃厚な乳首舐め体験ができる。

「一番低刺激な舌アクセサリはどれ?」

ウズマキ』。低刺激の中でもMAXレベル。

ウズマキは触れるか触れないかの淡い乳首責め体験ができる。まるで痴女にギャルの付け爪であえて乳首を触らず乳輪をクルクル🌀さわさわ責めてきて「早く乳首コリコリして欲しい」と懇願してしまうような焦らしプレイを楽しめる。まるで風俗でM性感エステに行って女王様に焦らしプレイをされているみたいだ。

ウズマキは中央の渦巻き部分がかすかにしか当たってこない。当たってくるのはそのガワの伸びている角みたいな部分だけだ。そこが乳輪やその周辺に当たってきてそれがまるで焦らされている体験になる。

セックスで言うと彼女の乳首を愛撫するときにあえて乳首を触らず羽も駆使したりして乳輪からジワジワさわさわ責めていって彼女から乳首触って欲しいと涙目で懇願されるような焦らしプレイができる。

「一番高刺激かつ有機的な舌アクセサリはどれ?」

ベロ』。トップクラスに高刺激。なおかつ有機的感触。

ベロはアイスを舐め取るような動きになっている。力んだ舌先で乳輪乳首をねぶり舐め回される乳首舐め体験になっている。躍動感があり、それでいて力んだ舌先なのでドS痴女による乳首舐めという感じの体験で高刺激に分類される。

そしてベロは電マにような道具を当ててくる無機物感触でもなく、指の感触でもなく、舌の感触なので有機的な感触に分類される。

U.F.O. TW専用アクセサリ中でこのベロがトップクラスで「高刺激かつ有機的」になっている。

「舌アタッチメントは7種類で打ち切りなの?」

打ち切りではない。

このメーカーが新商品を発売した時にしばらくその周辺グッズの発売が無いのは恒例だ。その後、しばらくして新発売され始める。

イメージとしては、舌アタッチメントが全然新発売されてなく打ち切りのにおいがしたので先代のU.F.O. SAを買って安く済ませた結果、そろそろU.F.O. SAに飽きてふとショップを覗いてみたらズラズラと新しい舌アタッチメントが発売されていて「あの時U.F.O. TW買っとけば良かった…」という流れになるイメージだ。待つ期間はそんな感覚である。

そのため、いずれ新発売されるので信頼してU.F.O. TWをっても舌アタッチメントの件でも失敗しない。

「舌アクセサリはどういう仕組みで取り付けられてるの?」

凹凸とマグネット。

U.F.O. TWの舌アクセサリーには凹凸がある。まるでレゴみたいになっている。本体側の凹凸に合わせて舌アクセサリーの凹凸を噛み合わせる。そして同時にマグネットでカチッと接着する。ダブル固定だ。

前作U.F.O. SAは凹凸がなくマグネットだったのでこういった細かいレベルでもU.F.O. TWは進化している。

「一緒に買うのにおすすめな必須級周辺アイテムは?」

U.F.O. TWに必須的な周辺アイテムは4つある。専用アクセサリのベロ、U.F.O.シリーズ専用サポーター、VORZEスムースローション、洗い不要ローションホットの4つだ。これらに加えてご自身に必要など周辺グッズを追加で購入していくと不足感なく満足のいくスタートができる。

「痩せ型なんですがサポーターは買った方がいい?」

買った方がいい。

痩せ型の場合、サポーターがないとすぐに外れてしまう人と、全然外れずサポーターが不要な人の両方がいる。割合は半々といったところでクジ引きかのよう。

例えば、あばらの浮き具合で空気が入りやすかったり、体勢によってあばらが浮いて空気が入り込んできたり、その人のあばらの浮き具合によって左右される。

そのため、本当にサポーターが必須な人と不要な人が半々なのでご自身がどちらになるかはクジ引きレベルなので確実に失敗したくない場合はサポーターは買った方が良い。

「U.F.O. SAとどちらが静かですか?」

U.F.O. TWのほうが静か。

静音性は同レベルとされている。しかし、実際の現場ではU.F.O. TWのほうが静かだ。U.F.O. TWのほうが動作音で次の動作を予測できない。つまり耳に入ってこない。

一方、U.F.O. SAは次の動作を予測できてしまう。動作音が耳に入ってくる。

少ない差ではあるがこの差は感覚的気持ち良さに大きく影響する。動作音がして次の動作が予測できると人ではなく機械に責められている体験に落ちてしまうからだ。

一方、U.F.O. TWは動作音が耳に入らず動作を予測できないので、たとえ機械で責められているという現実であってもさもあたかも人に責められている体験にトリップできる。

それほどU.F.O. TWのほうがU.F.O. SAよりも静かである。

「U.F.O. SAってTWと違ってすぐ断線するの?」

すぐ断線する。

早くて3ヶ月で断線故障する。断線防止用テープでカップとコントローラーのコード根元を補強固定すれば断線故障するまでの期間を1年に伸ばせる。さらに、利用頻度を極端に少なくし、断線防止用テープで補強し、サポーターでブラブラしたコントローラーを固定し、コントローラーはスマホを使い、徹底的に対策をすれば故障するまでの期間を3年に伸ばせる。

一方、U.F.O. TWはその先代U.F.O. SAの頃に問題になっていた断線故障問題を完全独立型ワイヤレスという形で徹底的に改善している。なのでU.F.O. SAと違って素で手荒に扱っても断線故障する箇所が無いので断線故障がそもそもに起きない。

アダルトグッズの世話をしたくない人や、最終的に節約したい人はU.F.O. SAではなく断線故障が起きないU.F.O. TWを購入するのが最適でおすすめである。

「電熱線タイプの温感機能じゃないのはなぜ?」

温感機能が電熱線タイプだと断線故障のリスクがあるため。

電熱線でさらに重くなる。バッテリーを必要とするので内蔵バッテリーもさらに必要になってバッテリーも重くなる。そして見た目もダサくなる。U.F.O. TWになってやっとサポーターが必須ではなくなったのに電熱線で重くなってまたサポーター必須のマシンになってしまう。

上記の問題はどうでもいいとしてやはり断線故障の問題が生じる点が大きい。U.F.O. TWになって完全独立型ワイヤレスのおかげでせっかくU.F.O. SAに付きまとっていた断線故障問題から開放されたのに、電熱線を導入するとまた断線故障の問題が付きまとうことになる。メーカーとしては断線故障はうんざりといったところ。

「装着時の感触はどんな感じ?」

大きな口に吸われる感じ。

U.F.O. TWは巨大な吸盤みたいになっている。ヌーブラのような貼り付けるタイプとは違って吸盤を壁に付けるようにグッと押さえ付けて空気を抜いて取り付ける感じになっている。

その際に圧迫感を感じて最初は慣れない。特にU.F.O. TWはU.F.O. SAよりも深くなっているので前作SAよりもグッとかなり押し付けることになる。なので圧迫感を感じる。

しかし、その圧迫感は乳首吸引グッズの巨大版のような感じで乳を丸ごと吸われている感じでもあるのでだんだんと慣れていってむしろその吸引圧迫感が気持ち良くなってくる。

「乳首への刺激が薄い場合はどうしたらいい?」

さらにグッと押さえ込む。密着するレベルで押さえ込む。圧迫感を感じるレベルで押さえ込む。

U.F.O. TWはU.F.O. SAと比べてカップ内部が深くなっている。なので乳首と舌パーツとの距離が遠い。乳首への刺激が弱いということは乳首と舌パーツが十分に接触していないことを意味している。

そして男性の胸板やちっぱいや微乳や貧乳の場合はやはりかなりグッと押さえ込む必要がある。その時に圧迫感を感じて星1つ減らしたくなってしまうかもしれない。しかし、その大きな口に吸われている感覚に女王様に責められているみたいのSMセックス的でむしろ気持ち良くなっていくだろう。

「温感機能はぽかぽかに温められる?」

できる。しかし、ぽかぽかには3回ぐらい温めが必要だ。

U.F.O. TWの温感機能は30分加熱で保温機能に切り替わる。この時点では最低限の温かさだ。冷たいとは感じない温かさと言える。しかし、1回の加熱と保温で38度近くに温まるのでそこそこ温かいとも言える。

ただしぽかぽかにするにはトリプル加熱が必要になる。クレイドルの温感ボタンを押して30分加熱してはオフにしてまたオンにして…これを3回繰り返す。合計1時間30分ぐらい温めることになる。そうするとそこそこぽかぽかになる。

もし、それまで待てない際は『温感ローション』を使用するという手もある。

「温感機能はどういった仕組み?」

温風。ドライヤーやパソコンのファンみたいな感じ。

外見から電熱コンロのような加熱タイプだと思ってしまうが実際は温風になっている。温風により舌アクセサリーとカップ内部全体が温かくなっていく。1回の温めは30分ではあるがそれではまだほんのり温かい程度。ぽっかぽかにするには3回ぐらい温めを繰り返す必要がある。

まだまだ発展途上レベルとは言える。これぐらいのレベルなら温感機能は無くていいと思ってしまうかもしれないが無かったら無かったでヒヤッとして非常に不便なのでやはりあるだけでも嬉しい。

「温感ローションと一緒に買った方がいい?」

買ったほうがいい。

U.F.O. TWの温感機能はほかほかに温めることはできるが1回目の温めではほんのりほかほかな程度。一緒に塗布して温めたローションも冬は温めに物足りなさを感じることもある。

温めを繰り返せばいいものの、やはり時間が掛かるので一緒に温感ローションを使うと実際に使うまでの時間を短縮できる。U.F.O. TWの温感機能はまだ発展途上なのであまり期待しないほうがよい。

「一般の生活家電のように長期間使えないのでは?」

長期間使える。

U.F.O. TWは前作U.F.O. SAの頃から故障の原因だった断線故障と浸水故障を根本レベルで大幅に改善している。

まず完全独立型ワイヤレスになった上に専用コントローラーも撤廃されたことで断線故障が起きなくなっている。そして丸洗い可能な防水仕様になったおかげで浸水故障が起きなくなっている。

そのため、U.F.O. TWは一般の生活家電と同じようなノリで長期間使うことができる。

「カップ内部に水を溜めながら洗うことは可能?」

可能。

ただし、防水になったと言えども「舌アタッチメントとカップの接合部分にローションや水が入るのはやはり注意して」ということなので、カップ内部を洗う際は乾いた舌アタッチメント装着した状態でカップ内部を泡々洗うのがベストと言える。

しかし、消毒液をふきかけたり消毒タオルぐらいしか使えなかった非防水の前作U.F.O. SAと比べて、新作U.F.O. TWは洗えるようになったのだからこれでも大きな進化を遂げていて許せる。

カップ内部も水道水で洗うことができるのでアナル責めだけでなく亀頭責めにもガンガン使えてしまう。やはりU.F.O. TWは便利だ。

「カップ内部を洗う時の注意点はある?」

貯めながら洗う際は舌アタッチメントを装着した状態で洗うのが安心できる。

というのもU.F.O. TWになって防水になったと言えども「舌アタッチメントとの接着部分にはローションが付着しないように注意してください」という感じの注意書きがU.F.O. TWにあるからだ。単純にローションで外れやすくなるだけなのかもしれないがU.F.O. TWは完全防水ではなくあくまで生活防水なのでその接合部分からの浸水故障の不安は拭いきれない。

そのため、現実的には舌アタッチメントを装着したままで、なおかつカップ内部に水を貯めないように傾けながらカップ内部を洗うのがベストである。壊して買い替えるには本体代が高すぎる。

「回転パターンは5種類しかないの?」

7種類ある。

カップ内蔵の簡易ボタンで操作する場合は回転パターンは5種類のみになる。しかし、スマホアプリの『VORZEコントローラー』をスマホにインストールしてスマホとU.F.O. TW本体接続してスマホをコントローラー化してスマホで操作すれば回転パターンは7種類に増える。

おまけにスマホアプリを介せば回転パターンに対して速度も細かく変更できるのでオカズに合わせて調整したり満足のいくチクニーを堪能できる。

「回転パターン少なくない?」

少ない。しかし実際はちょうどいい多さという感覚。

U.F.O. TWは5種類しかない。しかし、その少なさが彼女とのエッチで都合が良い。選択肢が少ないので選ぶのに迷う鈍臭さを彼女に見せず嫌われない。

ただし、チクニーする際は物足りない。そして彼女のおっぱいに装着して野外羞恥プレイで彼女の可愛い反応を見る際に物足りない。

しかし、公式アプリの『VORZEコントローラー』をインストールすれば回転パターンが7種類に増えるのでチクニーにもリモコンバイブ的な楽しみ方でも適応できる。

「速度はそれぞれの動作に対して変更できないの?」

そのままだと変更できない。しかし、公式アプリのVORZEコントローラーを介せば変更できる。

U.F.O. TWに内蔵されているボタンでは速度は調整できない。動作パターンと一緒に変わってしまう。しかし、公式アプリVORZEコントローラーインストールしてスマホをリモコンにすれば、その仮想リモコンで接続したU.F.O. TWの動作パターンはもちろんその動作パターンに対してそれぞれ動作速度を調整できる。

ちなみに、彼女のおっぱいに装着してそのまま一緒に外出して一緒に散歩しながら、スマホで遠隔操作して動作パターンを変更したりスピードを変更したりして彼女の反応を楽しむのも至福の時だ。

「回転速度は何段階まで変えられる?」

実質2段階。しかしアプリ拡張で7段階になる。

U.F.O. TWになって従来まであった専用コントローラーが撤廃されて本体内蔵のシンプル1ボタンになっている。そのボタンでは実質的に低速と高速の2段階調節と言ったところ。

しかし、公式アプリVORZEコントローラーをスマホにインストールして、スマホをリモコン代わりにしてU.F.O. TWを操作すれば簡易操作だったのがフル操作できるようになって速度は7段階まで調整できるようになる。動作パターンも7種類に増える。しかもそれぞれの動作パターンに対してダイヤルのごとく段階的に調整できる。

「乳首触っても気持ちいいって思わないのですがU.F.O. TWならメスイキできる?」

メスイキできる。

U.F.O. TWは他のチクニーグッズと違って相手に乳首責めしてもらう体験ができる。自分でする感じではない。そして舌アタッチメントの素材が進化してヒトの舌や指で責められる感触がする。さらに2人に片乳ずつ同時に乳首責めされるハーレム3P体験ができる。おまけに乳を丸ごと吸われている感覚がずっとある。しかも未知の新感覚の舌アタッチメントある。

なので乳首責めにおいて他のチクニーグッズでメスイキできたことがなくても、他の電動チクニーマシンでメスイキできたことがなくても、ヒトにしてもらってもメスイキできたことがなくても、U.F.O. TWならばメスイキできる可能性は大いにある。

「実家住まいで家族バレしたりしない?」

家族バレしない。

U.F.O. TWは布団を被せながら使用すればバレない。防水なので風呂でも使える。しかもシャワーの音でかき消される。部屋でも空気清浄機や扇風機の音でかき消される。U.F.O. TWを買う前から常に空気清浄機を稼働させていればいきなり家族が部屋に入ってきても家族バレしない。

風呂でシャワーを浴びながら使用したり、シャワーを出しながら使用したり、部屋で布団の中に入ってゲームしたりスマホを触ったり読書したり映画を観ながらだったり、実はこっそり布団の中でU.F.O. TWを稼働させてチクニーしていても家族がいきなり部屋のドアを開けてきてオヤツや食べ物を持ってきたときでさえ、まさかアダルトグッズを現在進行形で使っているなんて外見からも動作音からも家族バレすることは起こり得ない。

「温感機能は何分で温まる?」

15分〜30分で温まる。30分で舌アクセサリー部分はもちろん、舌アクセサリーに塗布したローション、そしてカップ内も温まってくれる。

「ローションを付けたまま温め機能は使用できる?」

できる。ローション浸水故障の心配なくローションを塗布したまま温感機能を使用できるのでローションごと温められる。

「旧型の舌パーツは互換性ある?」

互換性はない。使用できない。ただし、旧型の舌パーツは乳首だけしか刺激がなく新型は乳首だけでなく乳輪そしてその周辺の乳房まで刺激がある。わざわざ旧型の気持ち良さに劣るパーツに互換性を求める意味はない。そしてその乳首だけ刺激があるタイプは今後舌パーツの新作として発売される可能性は大いにあるので心配は不要だ。

「舌パーツ(アクセサリー)は付属する?」

2種類付属している。TWになって別売式にはなったものの、そのうちの2種類は本体に付属している。そのため、本体と合わせて別売式の舌パーツ(舌アクセサリー)を買わなくても本体だけの購入ですぐに楽しめる。

「馬力が強くなったということはうるさくなったってこと?」

静かなまま。従来機U.F.O.SAと全く同じ静かさになっている。それでいて馬力が強くなっている。静音性に優れていてなおかつ馬力が強いという欲張りな高性能ハイブリッドモーターが搭載されている。

「ローションの侵入破損は気にする必要ある?」

必要ない。丸洗いできる防水仕様になっていて、なおかつ大量のローションを使用し、そしてそれを洗い落とすところまで想定して防水設計されているので浸水故障するリスクは無い。前作と違って神経質にならずに気楽に丸洗いすることができる。

「浴槽内でお湯に浸かりながらでも使える?」

使える。しかし、丸洗いできる生活防水レベルなので浸かったままだと浸水故障する可能性がある。

「風呂使用で気持ち良いのはSAとTWどっち?」

TW。TWは舌パーツがシリコン素材になっているので高温多湿の場所でも無機物的な感触にならずに有機的な感触であり続けてくれる。一方、SAはスマホのソフトケースのような素材なので高温多湿の場所だと無機物的な感触になってしまう。風呂で気持ちいいのはTWのほうである。

「本体に直接コードを挿して充電できる?」

できない。クレイドルが無いと充電できない。

「クレイドルごとバッグに入れて日々持ち運ぶのはあり?」

なし。クレイドルがデカすぎて邪魔でしかない。

「充電しながら使える?」

使えない。充電する際はクレイドルに設置する必要がある。将来、ワイヤレスモバイルバッテリーで充電しながら使用できる未来を求む。

「U.F.O. TWとU.F.O. SAとU.F.O.どっちが耐久性高い?」

U.F.O. TWが1番耐久性が高い。UFOシリーズが故障する原因は昔から決まって「断線故障」だった。しかし、U.F.O. TWになってようやくそれが改善されている。コードを強化したとかそういった気休めではなく完全独立型ワイヤレスになったおかげで断線故障のリスクを根絶できている。したがってコードという物が存在しないU.F.O. TWが最も故障しない。